純烈、映画「スーパー戦闘 純烈ジャ
ー」主題歌「NEW(入浴)YORK」配信ス
タート

純烈の銀幕デビュー映画「スーパー戦闘 純烈ジャー」の主題歌で、アニソン界のプリンスの異名を持つ影山ヒロノブが作曲し、純烈のリーダー酒井一圭が作詞をした「NEW(入浴)YORK」の配信がスタートし、ジャケット写真も公開された。

2月1日に記者会見を行い、変身後の姿のクオリティの高さはもちろん、監督が3月7日に放送を開始する「機界戦隊ゼンカイジャー」などのスーパー戦隊&仮面ライダーシリーズだけでなく、『美少女戦士セーラームーン』、映画『男たちの大和/YAMATO』などでもメガホンをとった特撮研究所の佛田洋、ナレーションは『魔進戦隊キラメイジャー』魔進ファイアの声や、『銀魂』沖田総悟、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』シン・アスカなどのアニメでも活躍する大人気声優・鈴村健一が務めるなど、作品に携わる制作陣が発表された際には、従来の純烈ファンのマダム層だけではなく、芸能界の特撮ファンを含め、男性ファンも「芸能人がやるヒーローものなんてどうせパロディだろうと思ったらめちゃくちゃガチでビックリした!」という感嘆の声がネット上に拡がった。

本日配信がスタートした純烈が歌唱する同映画の主題歌「NEW(入浴)YORK」は、作詞は純烈のリーダー・酒井一圭で、作曲は「ドラゴンボールZ」の初代オープニングソング「CHALA-HERD CHA-LA」や数々の特撮ソングを歌ってきた、影山ヒロノブという初の組み合わせだが、影山ヒロノブは酒井が出演していた「百獣戦隊ガオレンジャー」では挿入歌の「Dynamic Soul!!」を、白川裕二郎が出演していた「忍風戦隊ハリケンジャー」ではエンディングテーマ曲「いま 風の中で」を歌唱していた。

映画「スーパー戦闘 純烈ジャー」では、ポスターを貼ってくれるお風呂屋さんを募集し、貼ってくれた温浴施設が写真を掲載してSNSに投稿すれば、純烈ジャー公式アカウントで宣伝するなどの相乗効果を生み出し、子供たちの憧れの的である特撮ヒーローでありながら、純烈ならではとも言える大衆性をアピールしつつ話題を拡げている。

映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』

2021年秋 全国ロードショー
出演:後上翔太 / 白川裕二郎 / 小田井涼平 / 酒井一圭
スーツアクター:蜂須賀祐一 / 縄田雄哉 / 坂本隆 / 鍛冶洸太朗 / 今井靖彦
監督:佛田洋
脚本:久保裕章
ナレーション:鈴村健一
アクション監督:竹田道弘
キャラクターデザイン:野中剛
キャラクター造型:ブレンドマスター
主題歌:純烈「NEW(入浴)YORK」(日本クラウン)
作詞:酒井一圭 作曲:影山ヒロノブ
制作:特撮研究所 
製作・配給:東映ビデオ

純烈 ニューシングル『君がそばにいる
から』

2021年2月3日発売
■Aタイプ
CRCN-8382 / 1,227円+税
[ 収録楽曲 ]
1. 君がそばにいるから
 作詩・作曲 幸 耕平 / 編曲 萩田光雄
2. 夏色グラフィティー
 作詩 岡田冨美子 / 作曲 幸 耕平 / 編曲 萩田光雄
3. 君がそばにいるから(オリジナル・カラオケ)
4. 夏色グラフィティー(オリジナル・カラオケ)
■Bタイプ
CRCN-8383 / 1,227円+税
[ 収録楽曲 ]
1. 君がそばにいるから
2. 僕に残された時間はどのくらいあるだろう
 作詩 酒井一圭 / 作曲 幸 耕平 / 編曲 坂本昌之
3. 君がそばにいるから(オリジナル・カラオケ)
4. 僕に残された時間はどのくらいあるだろう(オリジナル・カラオケ)

御園座三月特別公演

期間:3月4日(木)~3月21日(日)
会場:愛知・名古屋 御園座
<一部>
水戸黄門漫遊記より
脚本・演出=池田政之
『水戸黄門〜春に咲く花』
里見浩太朗、純烈、野村将希、小川菜摘、古畑奈和

<二部>
歌謡ステージ
『里見浩太朗 VS 純烈 大いに唄う!』

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着