越岡裕貴(ふぉ〜ゆ〜)主演、室龍太
(関西ジャニーズJr.)共演 ほぼオ
ール関西弁でおくる、舞台『ッぱち!
』の上演が決定

2021年5月13日(木)~5月19日(水)東京・銀座 博品館劇場、5月21日(金)~5月25日(火)大阪・松下IMPホール、そして東京凱旋公演として、5月28日(金)~6月6日(日)ニッショーホールにて、舞台『ッぱち!』が上演されることが決定した。
本作は、脚本・演出家の霧島ロックが、大阪の街の片隅を舞台に、世間からちょっとはみ出した人たちが、ほんの少し、前に歩き出す物語を、笑って、笑って、ちょっと泣ける舞台にした珠玉の作品。全編ほぼ関西弁で上演される。
主演には大阪府出身で、ジャニーズ事務所の4人組人気グループ「ふぉ~ゆ~」で活躍する越岡裕貴。そして越岡扮する主人公・吉岡雅人の小学校時代の友人で、20年ぶりにやってくる河野裕之役には、舞台での活躍が目覚ましい京都府出身の関西ジャニーズJr.室龍太が務める。関西出身の初共演二人が織りなすテンポの良い笑いと、感動の人情劇をおくる。
そして、脇を固める個性豊かなキャラクターには、後藤英樹、天野弘愛、斉藤太一、三谷健秀、斉藤ゆき、香月健志が揃った。大阪特有の笑いが随所に盛り込まれ、テンポ良く、そして心にスッと入り込む本作に注目しよう。
【ストーリー】
東京で家具デザイナーの仕事をしている河野裕之(室龍太)は、幼少期を過ごした関西を訪れ、小学校時代の旧友の吉岡雅人(越岡裕貴)を訪ねる。
吉岡の実家は古道具屋を営んでるらいしが、仕入れもせず品物も少なく、何故か現在は開店休業状態らしい─。
不思議に思ったが多くは突っ込んで聞かない河野。
20数年ぶりの再会を喜ぶ2人。
現在吉岡は妹のミチル、親戚のような孝明、居候の御前崎と4人で暮らしていて、海外で登山家として活躍する幸(サチ)という恋人がいる。離れてはいるが、毎月のように手紙は届くらしい。
その夜、吉岡宅に泊まることになった河野は、なぜ急に兄を訪ねて来たのかとミチルに聞かれ、吉岡との小学校時代の思い出を語る。
昔クラスのみんなから仲間外れにされた時、吉岡だけは友達でい続けてくれたという大切な思い出。
しかし、なぜ訪ねて来たのかはよくわからないまま─。
翌日、河野が隠していた“あること”が発覚。その“あること”が原因で東京でつまずき、自分の居場所や進むべき方向を見失ってしまったという河野。
そんな河野に吉岡は、幸から毎月送られてくる手紙の束を取り出し、恋人のことを話し始める。
なぜ急にそんな話を始めたのか分からず戸惑う河野に、吉岡は海外から届くその手紙が持つ、本当の意味を語り始める─。

作・演出:霧島ロック コメント
私自身も役者なものですから、役者たちがイキイキとしている姿を芝居で見せたいなって思っています。
関西弁のやり取りで進む話ですが、関西弁にしか出せないニュアンスや間が好きでして、「パチ」=偽物という意味から、本物と偽物って何なんだろうってお話にしました。
私の芝居は基本的にお客さんに楽しんでいただきたい、というスタンスでいるので、今コロナ禍で、ぎすぎすしたり落ち込んだりする事が多いこんな時こそ笑ってあったかくなってほしいなと思います。
今回この作品を演じる越岡さんと室さんですが、室さんは東京で活躍するデザイナーの役なので問題ないのですが、越岡さんが演じる吉岡というのは決して華やかなキャラクターという訳ではないので『どうしよう、キラキラしている越岡さんにこの役できるかなあ」と思っていたんです。しかし本人にお会いして、小学生まで関西に住んでいて、関西弁で喋り出すと止まらないとか、気さくに話す飾らない人柄に触れて安心しました(笑)。そして(ビジュアル)撮影している姿を見たら「これは大丈夫だ!」と確信が持てました。とてもいい作品になると思います。
私が頭のなかで描いているこの作品を、彼らがさらに膨らませ、彼らが歩んできた人生を通してその役と向き合った時にどういうものが生まれるのか。笑う場面で何故か涙が出たりなど、台本どおりに予定調和に作るのではなくハプニングというか思いもよらない芝居が生まれる事が面白いと思うので、そういう可能性いっぱいの笑顔になる芝居になれば、と期待しています。
吉岡雅人 役:越岡裕貴(ふぉ~ゆ~) コメント
そして、後半、グッと来ました。この作品は、やりたいと思ったんです。
その数日前に、「出身は、大阪だよね?」と、マネージャーが突然聞いてきた意味が、よく分かりました。
この作品には、誰しもが抱えている悩みや悲しみも描かれていて、それでいて温かみに溢れた作品だなって思いました。そして、(この作品は)オール関西弁で話が進むのですが、そんな作品に出るのは初なんです。そうなんです~。大阪出身ですわ~(笑)。
11歳まで大阪に住んでいました!ふぉ~ゆ~で喋っている時は東京の言葉で喋っているので皆気が付かないと思うんですが、関西人の方が周りにいるとすぐ関西弁に戻ります。室が関西人でずっと関西弁で喋るのできっとこの稽古中はずっと関西弁になるんでしょうね。
室とはこれまで接点がなかったので今回でガッツリ芝居をする事になりそうです。稽古が始まるまで室がどんな芝居をするのか楽しみにしています。こういう大変な状況下のなか、ホッコリする作品になると思うので、安全面も考慮して上演しますので、ぜひ多くの方に観に来ていただきたいです!
河野裕之 役:室龍太(関西ジャニーズJr.) コメント
僕が演じる河野は関西出身ですが小学校を卒業後東京に引っ越し、20年ぶりに戻ってきて越岡さん演じる吉岡と再会するという男です。
オール関西弁でやるって聞いてますが、普段から関西弁を喋っているのでそこは問題ないかなって思っています。今回越岡くんと初めてご一緒できるのが楽しみなんです。
これまで(ふぉ~ゆ~の)辰巳雄大くんとは少し絡んだ事があるんですが、越岡くんとは本当に初めてで。最近では『放課後の厨房男子』を拝見しました! プライベートでは天然な部分が出てくるので、もしかしたら芝居中にも天然なところが出てくるんじゃないかな? と思っています(笑)。
作・演出の霧島ロックさんは物腰がすごく柔らかで、それでいて関西人魂を感じる方。とても話しやすいです。関西ならではの笑いを狙いつつ、またソーシャルディスタンスを保ちながらも越岡くんと“いい距離を保ちつつ”お芝居をやっていきたいです。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着