サザンソウルの完成形とも言える
オーティス・クレイの
圧倒的な傑作『愛なき世界で』

『Trying To Live My Life Without You』(’72)/Otis Clay

『Trying To Live My Life Without You』(’72)/Otis Clay

アメリカではオーティス・レディングやアレサ・フランクリン(60年代後半〜70年代初頭あたり)が知名度の高いサザンソウル・シンガーになるのだろうが、日本では彼らよりオーティス・クレイのほうが愛されているのではないか。今回紹介する彼の『愛なき世界で(原題:Trying To Live My Life Without You)』は、ハイ・レコードからのデビューアルバムである。1978年の伝説の初来日公演後には彼のファンが一気に増え、さかのぼって本作を購入することでサザンソウルの魅力に取り憑かれてしまったリスナーは少なくないはずだ。鉄壁のハイ・リズムとメンフィス・ホーンズをバックに、誠実さをにじませたソウルフルなクレイのヴォーカルは今聴いても全く古びておらず、傾聴すべき名作に仕上がっている。

ノーザンソウルとサザンソウル

ソウルミュージックにはアメリカ北部や東部の都市部を拠点にするモータウン・レコード(ミシガン州デトロイト)やフィラデルフィア・インターナショナル(ペンシルベニア州フィラデルフィア)などの洗練されたノーザンソウルと、アメリカ南部を拠点にするスタックス・レコードやハイ・レコード(テネシー州メンフィス)、フェイム・レコード(アラバマ州マスルショールズ)などの泥臭いサザンソウルの大きく二つに分かれる。ロックに喩えると、ノーザンソウルがAOR系で、サザンソウルはスワンプ系といったところか。

ライヴハウスが盛況だった70年代中頃の日本では、関東ではポップスやノーザンソウルに人気が集まり、関西ではブルースやサザンソウルが好まれていたと記憶している。僕は関西在住なので範囲は限られるが、当時の人気バンドを思い出してみると、上田正樹とサウス・トゥ・サウス、ソー・バッド・レビュー、ブレイクダウン、ウエスト・ロード・ブルース・バンド、憂歌団など、ブルースとサザンソウルを得意とするグループが非常に多い。関西(神戸は除く)の気質がアメリカ南部のそれと似ていたのかどうかは分からないが、洗練されたものよりも泥臭くルーツ色の濃いサウンドが関西圏で好まれていたのは事実である。

ハイ・レコード

まだ田舎の多い南部にあって、最初にサザンソウルのヒット曲を量産したのはスタックス・レコードである。そのあとを数々のレコード会社が追いかけたのだが、本作をリリースしたハイ・レコードもそのひとつである。

ハイは1957年に設立、当初はビル・ブラック・コンボやエルヴィス・プレスリーらの在籍したサン・レコードの亜流であった。ソウル風味のあるインストとロカビリー作品を中心にリリースしていたが、正式な音楽教育を受けたウィリー・ミッチェルが社内で頭角を表し始める60年代後半に、ハイは新たな方針を打ち出す。

ハイの設立者のひとりで、ハイを退社したのちにジェームズ・カー、スぺンサー・ウィギンスといった優れたサザンソウル・シンガーを擁したゴールド・ワックス・レコードを設立したクイントン・クランチに影響を受けたのかどうかはわからないが、ブルースやR&Bからジャズに至るまで、さまざまな音楽に精通しているウィリー・ミッチェルが目指したのは“黒人にも白人にも売れるレコード”であった。それは言い換えれば白人のカントリー音楽と黒人のR&Bの中間的なサウンドで、それこそがサザンソウルという音楽の骨格なのである。

ミッチェルの目指すサウンドを実現するのがシンガーのアル・グリーンと、ミッチェル自らが育てたホッジズ3兄弟であった。ティーニー(Gu)、リロイ(Ba)、チャールズ(Key)ホッジズ兄弟に加え、ハワード・グライムス(Dr)、スタックスのハウスバンドのブッカー・T&ザ・MGズのドラマー、アル・ジャクソン、そしてメンフィス・ホーンズをバックに起用したアル・グリーンの「レッツ・ステイ・トゥゲザー」(’71)が全米1位となる大ヒットとなり、ミッチェルのプロデュース手腕は大いに認められる。ここからアン・ピーブルズや彼女の夫のドン・ブライアント、オーティス・クレイ、シル・ジョンソンなど、ミッチェルのプロデュース&アレンジで、ハイならではの特徴を持った曲を生み出していく。

オーティス・クレイ

オーティス・クレイは1942年生まれ(2016年に逝去)で、ゴスペルシンガーとして活動を開始するものの1965年にソウルシンガーに転向している。クレイはアル・グリーンのソフトなボーカルとは違って力強く泥臭いヴォーカルが特徴である。アトランティック傘下のコティリオンでリリースした「イズ・イット・オーバー」(’70)は、ミッチェルの持つロイヤル・スタジオで録音され、バックはハイ・リズム(ホッジズ兄弟+ハワード・グライムス)とメンフィス・ホーンズが担当、クレイの名唱として知られている。シングルのみでリリースされたこの曲は、桜井ユタカ氏が選曲したサザンソウルのコンピレーション『ソウル・ディープ第1集』(’72)に収録されており、2013年には鈴木啓志氏が選曲し直した2枚組CD『ソウル・ディープ・デラックス・エディション』にもしっかり収められている。

クレイはこのレコーディングでミッチェルに誘われ、71年ハイに移籍することになる。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着