EXILE・三代目JSBを擁するLDH JAPAN
が韓国共同コンテンツ会社を設立 マ
・ドンソク参加で映画『犯罪都市』日
本版の製作も決定

EXILEや三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEらが所属するLDH JAPANと、韓国の文化コンテンツ専門投資ベンチャーキャピタル・TGCKパートナーズが、コンテンツ専門の新会社・HIAN(ハイアン)を設立したことがわかった。LDH JAPANはHIANを通じたコンテンツビジネスの拡充により、日本・韓国のマーケットをリードし、グローバルマーケットに本格的に進出する狙い。
TGCKパートナーズは、2014年に韓国初の外国資本が参画して設立された、韓国映画、ミュージカル、コンサートなどを手がけるベンチャーキャピタル会社。ベンチャーキャピタル会社。CEOのAndy J. Kim(アンディ・J・キム)氏は、これまでにブルーノ・マーズ、クイーン、リンキン・パーク、スティーヴィー・ワンダー、メタリカなど数々の海外スーパースターの韓国でのライブ活動に投資し、韓国初の公演ファンドを結成・運営。『ジキルとハイド』『ラマンチャの男』『三銃士』『ジャック・ザ・リッパー』など韓国のミュージカルコンテンツの導入及び活性化にも寄与し、映画では、『オールド・ボーイ』『グエムル-漢江の怪物-』『10人の泥棒たち』『1987、ある闘いの真実』『神と共に』『毒戦 BELIEVER』『82年生まれ、キムジヨン』『ザ・コール』『白頭山大噴火』などをプロデュースしているという。
LDH JAPANおよびTGCKパートナーズによるHIANの事業は、両者が共同制作する映画、ドラマ、ミュージカル、アニメ、音楽、ゲーム、漫画、放送映像物等のコンテンツを制作するための提案・企画・開発・配給のほか、韓国および日本のコンテンツIPを活用したニューコンテンツの共同開発、韓国および日本の企業、およびコンテンツIP、そしてアーティストや俳優らのグローバル市場進出、マーケティング協業など。現在は、現地で680万人以上を動員した、マ・ドンソク(Don Lee)主演の映画『犯罪都市』の続編『犯罪都市2』(原題:The Roundup/2022年日韓同時公開予定)が韓国で制作中で、配給を担当することも決定。さらに、マ・ドンソク本人やオリジナルプロデューサーが共同参加する『犯罪都市』日本版リメイクの制作も決定している。
映画『犯罪都市』日本版予告編
映画『犯罪都市2』
そのほか、アクションコメディ映画『Uncles』の韓国版・日本版制作を検討中。テロ事件に巻き込まれた人気アイドルを救出するために、ライバル同士の国家秘密要員2人が協力する同作では、ヒロインの女優・アイドルを発掘・育成するオーディションの開催も視野に。ミュージカルでは、チェコ原作の『ミュージカル三銃士』も10年ぶりに日本でリメイク予定だ。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着