MONO NO AWARE、2021年第1弾シングル
「そこにあったから」 3月リリース

MONO NO AWAREが2021年第1弾シングルとなる新曲「そこにあったから」を3月3日(水)にリリースすることが発表された。

昨年9月に公開した劇場アニメ『海辺のエトランゼ』主題歌として注目を集めた「ゾッコン」からおよそ半年ぶりとなる本作は、新境地へ歩み続けるバンドが奏でる、生命と自然の祝祭を込めた楽曲だという。

カバー・アートワークは、「ゾッコン」に引き続きギター・加藤成順が撮影したフィルム写真を題材に、MOUNT STEWがアート・ディレクションを手がけている。車窓から見える何気ない景色が「そこにあったから」というタイトルにマッチした作品となっている。

レコーディング & ミックス・エンジニアはcero、中村佳穂Tempalayなどを手がける奥田泰次、マスタリングはKing Krule、Jamie T、Foalsなどを手がけるGuy Davieが担当している。

また、本楽曲は3月1日(月)放送の J-WAVE(81.3FM)『STEP ONE』(https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/) での初オンエアも決定している。
【リリース情報】

MONO NO AWARE 『そこにあったから』

Release Date:2021.03.03 (Wed.)
Label:SPACE SHOWER MUSIC
Tracklist:
1. そこにあったから


【イベント情報】

『MONO NO AWARE TOUR 2021』

日時:2021年3月12日(金) OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京・渋谷TSUTAYA O-EAST

日時:2021年3月18日(木) OPEN 18:00 / START 18:30
会場:大阪・心斎橋Music Club JANUS

日時:2021年3月19日(金) OPEN 18:00 / START 18:30
会場:愛知・名古屋JAMMIN’

※2月20日(土)10:00〜 各プレイガイドにて一般チケット発売開始

■ MONO NO AWARE オフィシャル・サイト(https://mono-no-aware.jp/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着