熊川哲也率いるKバレエカンパニー『
白鳥の湖』が世界17の国・地域に同時
配信決定

熊川哲也率いるKバレエ カンパニーが誇る古典バレエ最高傑作『白鳥の湖』が、2021年3月24日(水)より開幕する。その最終日となる3月28日(日)13時公演において、日本を含む世界17の国・地域に向けてオンラインライブ同時配信が決定した。
TBSが誇る高い映像制作技術で、高精細4Kカメラで撮影された大迫力の映像は、劇場で観るものとはまた別の楽しみ方ができるとして、バレエファンを中心に好評を博している。
揺るぎなくも奥深いこの“バレエの代名詞”の魅力を余すところなく描き切り、また“今を生きる古典”として、新たな可能性の扉をも開いた熊川版『白鳥の湖』は、2003年の誕生以来、常に新鮮な感動をもたらし、絶大な支持を得てきた。このたびのその『白鳥の湖』を海外配信するという新しい試みによりは、世界中のバレエファンを魅了することは必至だ。
そして、大きく世代交代を遂げて迎えた今シーズンの上演では、カンパニーの新時代を牽引する才能あふれる精鋭たちの競演にも注目が集まっている。オデット/オディール役には2021年1月に、プリンシパルとして迎えられた日高世菜。これまでロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミーに留学し、ルーマニア国立バレエ団やアメリカのタルサ・バレエでもプリンシパルとして活躍し、満を持して日本に帰国。芸術監督の熊川も「息を呑むような美しい脚のライン、強靭なテクニック――彼女の踊る白鳥はこの名作に新たな芸術性をもたらしてくれるだろう」と、期待を寄せている。
ジークフリード役は、Kバレエで数々の主役を演じている高橋裕哉。ハンガリー国立バレエ団で活躍するなど海外経験で培った表現力と、日本人離れしたノーブルさを併せ持つ注目の正統派ダンサーである。
世界が注目する Kバレエ カンパニーが贈る不朽の名作『白鳥の湖』が世界に羽ばたく瞬間を楽しみに待ちたい。
舞台写真・Stage photo (c)小川峻毅(Shunki Ogawa)
舞台写真・Stage photo (c)小川峻毅(Shunki Ogawa)
舞台写真・Stage photo (c)瀬戸秀美(Hidemi Seto)
舞台写真・Stage photo (c)瀬戸秀美(Hidemi Seto)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着