(左から)石田ニコル、尾上松也、百田夏菜子

(左から)石田ニコル、尾上松也、百田夏菜子

尾上松也「朝が弱い」と明かされ苦笑
 百田夏菜子「いつもしんどそうだっ
た」

 映画『すくってごらん』プレ金魚の日スペシャルイベントが2日、東京都内で行われ、出演者の尾上松也、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、石田ニコルが登場した。
 本作は、エリート銀行員(松也)が、左遷先で出会った金魚すくいを通じて成長していく姿を、斬新な映像で描く。
 初のヒロイン役を演じた百田は、ミステリアスな女性という設定について、「お話を頂いたときに『それは私なのか? 大丈夫かな?』と思ったけど、この世界に飛び込んでみて本当に良かったです」と笑顔で語った。
 劇中では「全く触れたことがなかった」というピアノの演奏にも初挑戦。集中レッスンを受けて撮影に臨んだそうで、松也から「素晴らしい演奏だった」と褒められると、照れ笑いを浮かべた。
 また、映画のタイトルにちなみ、「相手の救ってあげたい部分」を尋ねられたキャストたち。百田も石田も、松也に関して救ってあげたいのは「朝が弱いところ」だと口をそろえ、百田が「朝の撮影ではいつもしんどそうだった。こんなに分かりやすく時間に左右されて調子が違うのかって…」と語ると、石田も「朝は静かだった」と明かした。
 松也は、「いや~。恥ずかしい。(2人とも)分かってるわ」と苦笑しつつ、「昼12時ぐらいからじゃないとエンジンがかからない。その前はだいたいテンションが低い。皆さんにはご迷惑をお掛けしました」と頭をかいて、笑わせた。
 そんな松也は、改めて2人の印象を問われると、「百田さんは、切り替えがはっきりしていて、撮影の合間はフランクなのに、本番が始まるとスイッチが入る方。石田さんは、何ものにも動じない方なんですが、笑い方が豪快。そういう意味で、2人に癒やされつつ、引っ張ってもらった現場でした」と語った。
 映画は3月12日から公開。

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着