MONONO AWARE、2021年第1弾シングル
「そこにあったから」MV公開 監督は
黒柳勝喜

MONO NO AWAREが2021年第1弾となるニュー・シングル「そこにあったから」を本日3月3日(水)リリース。合わせてMVも公開された。
昨年9月に公開した劇場アニメ『海辺のエトランゼ』主題歌として各所で話題を呼んだ「ゾッコン」からおよそ半年ぶりのリリースとなる本作は、新境地へ歩み続けるバンドが奏でる生命と自然の祝祭を込めた楽曲だという。MVのディレクションは黒柳勝喜が担当。電車で旅をするメンバーを視点に流れる自然の景色と車窓からの風景を映した、カバー・アートワークとリンクする作品となっている。

さらに、本作のリリースを記念し、LINE MUSICでの楽曲再生キャンペーンもスタート。詳しくは コチラ(https://spaceshowermusic.com/news/150831/) よりご確認を。


【リリース情報】

MONO NO AWARE 『そこにあったから』

Release Date:2021.03.03 (Wed.)
Label:SPACE SHOWER MUSIC
Tracklist:
01. そこにあったから


【イベント情報】

『MONO NO AWARE TOUR 2021』

日時:2021年3月12日(金) OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京・渋谷TSUTAYA O-EAST

日時:2021年3月18日(木) OPEN 18:00 / START 18:30
会場:大阪・心斎橋Music Club JANUS

日時:2021年3月19日(金) OPEN 18:00 / START 18:30
会場:愛知・名古屋JAMMIN’

※各プレイガイドにて一般チケット発売中

■ MONO NO AWARE オフィシャル・サイト(http://mononoaware-band.tumblr.com/)

アーティスト

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着