【仲村瞳の歌謡界偉人名言集】#189
歌手・工藤静香の言葉

作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、バンドマン、振付師、……そして、歌手。きらびやかな日本の歌謡界を支えてきた偉人たちを紹介するとともに、その方々が発したエネルギー溢れる言葉を伝えます。常軌を逸した言動の裏に、時代を牽引したパワーが隠されているのです! このコラムで、皆様の生活に少しでも艶と潤いが生まれることを願います。

一生懸命頑張った自分を自分で認めてあ
げることが大事なんじゃないかな

より

1984年のデビューから、アイドル、歌手、女優、画家、作詞家、宝飾デザイナーと、様々なジャンルで輝き続ける工藤静香。このインタビュー記事では、2019年にリリースした初の洋楽カバーアルバム『Deep Breath』の制作秘話を中心に、それまでの音楽活動やターニングポイントとなった出来事、娘とのやり取りなどにも触れられている。今回の名言は、インタビュアーからの「工藤さん流の自分らしく生きるコツがあれば教えて頂けますか」という質問の答え。工藤が言う 「頑張った自分を自分で認めてあげる」のは意外と難しいのかもしれない。続く言葉「ご褒美に美味しいコーヒーでも飲みながら、素敵な音楽を聴いて自分を癒す時間を作って欲しい」も、つい頑張り過ぎてしまう人にほど、今知ってほしい。
工藤静香(くどうしずか)
1970年4月14日生まれ、東京都羽村市出身。歌手、女優、タレント、画家、作詞家、宝飾デザイナー。小学生時代から劇団『東俳』に所属。1984年、『第3回ミス・セブンティーンコンテスト』に出場し特別賞を受賞。同年、木村亜希(清原亜希)、柴田くに子(森丘祥子)とアイドルユニット セブンティーンクラブを結成し、1985年にレコードデビューを果たす。1986年5月、バラエティ番組『夕やけニャンニャン』のオーディションコーナーで合格。おニャン子クラブの会員番号38番となる。1986年、渡辺満里奈のソロデビュー曲「深呼吸して」では、生稲晃子と withおニャン子クラブとしてバックコーラスを担当。1987年、生稲晃子と斉藤満喜子らとともにアイドルユニット・うしろ髪ひかれ隊を結成。同年、シングル「禁断のテレパシー」でソロデビュー。1988年、「MUGO・ん…色っぽい」でオリコン週刊チャート1位を獲得。同年の「NHK紅白歌合戦」に初出場を果たす。1989年、「恋一夜」「嵐の素顔」「黄砂に吹かれて」と大ヒットを連発。1993年、海外公演(台北、香港、シンガポール)『RISE ME TOUR』を開催。1997年、石橋貴明とユニット「Little Kiss」を結成し、シングル「A.S.A.P.」を発売。1998年、愛絵理名義で平家みちよに歌詞を提供。2004年、ラスベガスにて宝飾ブランド『TREASURE IIII』を発表。2010年、『第95回二科展』絵画部で特選を受賞。2017年、ソロデビュー30周年を記念して全国ツアーを開催。同年、アルバム『凛』をリリース。2019年、初の洋楽カバー・アルバム『Deep Breath』をリリース。2021年3月10日、中島みゆきのカバーアルバム第2弾『青い炎』を発売。

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着