ドリカム、野外ジャズフェスティバル
に出演「攻めたバンド編成で音楽しま
す」

 ヨーロッパ最大規模の野外ジャズフェスティバル「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL(読み:ラブ・シュプリーム・ジャズ・フェスティバル)」が、2021年5月、日本に初上陸、“LOVE SUPREME”を合言葉に、埼玉・秩父ミューズパークで5月15日、16日の2日間の開催が決定した。第1弾出演アーティストとして全6組が発表された。初日のヘッドライナーにはDREAMS COME TRUE、2日目のヘッドライナーには、SOIL&“PIMP”SESSIONSが決定した。

 初日のヘッドライナーにはDREAMS COME TRUE(読み:ドリームズ・カム・トゥルー)が決定。アコースティック編成に、馬場智章(サックス)、DJ MASSを迎えた超貴重な”LOVE SUPREME”特別編成を予定。

 そして、現代ジャズの最先端を走るサムライ・トランペッター黒田卓也自身のビッグ・バンド、黒田卓也 aTak Band(読み:クロダタクヤ・エータックバンド)、各方面からプロデュースやコラボレーションの依頼が殺到しているOvall(読み:オーバル)、ソウル、ジャズ、ヒップホップ、ロックを横断する4人組エクスペリメンタル・ソウル・バンドWONK(読み:ウォンク)、日本のポピュラー・ミュージックシーンのニュー・キーマン、ドラマー石若駿のプロジェクトAnswer to Remember(読み:アンサー・トゥ・リメンバー)。

 そして、2日目のヘッドライナーには、日本を代表する新世代ジャズバンドSOIL&“PIMP”SESSIONS(読み:ソイル・アンド・ピンプ・セッションズ)が決定、間もなくリリースされる彼ら初のJAZZカバーアルバムでは、このフェスの名前の由来となったジョン・コルトレーンの「至上の愛(A LOVE SUPREME)」もカバーしており、満を持しての出演となる。また多数のゲストを招いての出演を予定。

 第1弾はこの全6組、日本初開催のこのフェスに相応しい素晴らしいラインナップが出揃った。現在オフィシャル1次チケット先行予約受付がスタートしている。

 開催地「秩父ミューズパーク」は、埼玉県秩父市と小鹿野町にまたがる自然豊かなテーマパーク。秩父市は三峯神社などを中心に関東屈指のパワースポットとしても有名、また開催月の5月には芝桜も満開の時期を迎える。都心から車で約100分、電車でも池袋駅から約80分と、日帰りでも十分往来しやすい観光スポット。自然と音楽の充実した空間を体験できそうだ。

 昨年5月に記念すべき第1回を開催する予定が、やむを得ず開催を断念、数々の検討を重ね、本年開催に至る。

 今年は新世代ジャズフェスティバル「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」として、遂に日本上陸することになった。初夏の風と緑を感じながら、パワースポット埼玉秩父で「至上の愛と至福の音楽体験を―」。

DREAMS COME TRUE 中村正人コメント

お客様、スタッフ、そしてミュージシャンの安全を最優先にして開催される「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」
新しい「音楽する」環境の構築に、この一年半、全力で取り組んできた我々にとっても大きなチャレンジだ。
ポップスを生業とするDREAMS COME TRUE。でもその人生は波乱万丈、まさにJAZZそのもの。
32年前、イギリスで1stアルバムを制作したのも何かのご縁か。
このコロナ禍で苦し紛れに発明したアコースティック風味なアレンジを施した楽曲を、ゲストに馬場智章(サックス)、DJ MASSを迎え、さらに攻めたバンド編成で音楽します。
どんなステージになるかやってみないとわからない。「JAZZフェスにドリカムかよ」とか言うなよな。
コロナ対策して、心を広くして、お楽しみに。

DREAMS COME TRUE 中村正人

SOIL&“PIMP”SESSIONS 社長コメント

 LOVE SUPREME JAZZ FESTIVALに出演できる事を心から嬉しく思っています。というのも、本国でこのフェスが立ち上がった時のことを今でも覚えているから。このラインナップに入りたい。ここに名を連ねられるバンドにならねば。そんな承認欲求は、更なる音楽の高みを目指す為の新たな決意にもなった訳です。

 ジョン・コルトレーンの「A LOVE SUPREME/至上の愛」は高校生の時に初めて手にしてから、何度聞いたか分かりません。そんな名盤の名前を冠したフェスだなんて、最高にイカしてるじゃないですか。その名に恥じぬJAZZを追求し、皆さんの音楽愛を賛える空間になれば、とても幸せです。

SOIL&“PIMP”SESSIONS 社長

ライブ情報

■名称:『LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL JAPAN 2021』
■日程:2021年5月15日(土)、5月16日(日)11:00 開場 / 12:00 開演 / 20:00終演予定

■出演:5月15日(土)
DREAMS COME TRUE / Ovall / 黒田卓也 aTak Band … and more!!!
5月16日(日)
SOIL&“PIMP”SESSIONS / WONK /
Answer to Remember Guest : KID FRESINO / ermhoi / Jua / 黒田卓也 … and more!!!

■会場:埼玉県・秩父ミューズパーク(https://www.muse-park.com/guide/facility03
〒368-0102 埼玉県秩父郡小鹿野町長留2518
■会場アクセス: https://www.muse-park.com/access#map
※車:関越自動車道花園インターチェンジから国道140号(皆野寄居有料道路)を利用して約40分(必ず事前に駐車券をご購入ください)
※電車:池袋駅から西武線特急を利用し西武秩父駅まで約80分、西武秩父駅から専用シャトルバス(有料)で約15分

■チケット:
一般チケット1日券 11,000円(税込)
高校生大学生チケット1日券 6,000円(税込)
小学生中学生チケット1日券 3,000円(税込)
駐車場1日券 3,000円(税込)
シャトルバス利用券(往復) 1,000円(税込) 西武秩父駅⇔会場(約15分)
※全席座席指定
※未就学児は、保護者1名に付き1名まで入場可、但し膝上での鑑賞となります。
※駐車券はイープラスのみで販売
※シャトルバス利用券は当日西武秩父駅にてご購入ください(事前販売はございません)
※ご購入の際には「開催にあたっての注意事項」をご確認ご理解の上、お申込み下さい。

MusicVoice

音楽をもっと楽しくするニュースサイト、ミュージックヴォイス

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着