90年代に暗躍したDEBASERが当時のマ
ーチを復刻リリース 貴重なスタジオ
・セッション映像も公開

Header Photo by 鳥居洋介

90年代中盤に東京・下北沢SHELTERを中心に活動していたオルタナティブ・ロック・バンド、DEBASERはが当時のマーチャンダイズを復刻販売することが発表された。

DEBASERは佐藤(Gt. / Vo.)、中尾(Ba.)、徳丸(Gt. / Cho.)、吉木(Dr.)により吉祥寺にて結成。当時の海外グランジ、オルタナティブ・ロックの波に共鳴したサウンドを展開していた。また、裸のラリーズのような実態が掴みづらい不思議な立ち位置のバンドであり、その作品は国内はもちろん海外のコレクターからも注目されている。バンド解散後、メンバーはそれぞれgroup_inou/uri gagarn、NUMBER GIRLトクマルシューゴTHE NOVEMBERSとして活動している。

そんなDEBASERを当時から知る元・下北沢SHELTER/現・新代田FEVERの西村仁志による証言や、貴重なスタジオ・セッション映像が本日「debaser store」のSNSアカウントから公開された。合わせてチェックを。

今回、当時300枚限定で販売され、瞬く間に完売となったロング・スリーブTシャツと、カセットテープ音源の復刻を望む一部狂信的なファンからの要望に応えるべく、長い歳月を経て復刻リリースに至ったという。販売はTHE NOVEMBERSのドラマー・吉木諒祐、フォトグラファー・古溪一道、レコード制作業務を行っている石橋はじめの3人によって立ち上げられた 「debaser store」(https://shopdebaser.stores.jp/) のほか、銀座・蔦屋書店、代官山MUKU-AN、渋谷BOY fashion&music、池ノ上STRANGERといった東京の4店舗でも販売。なお、カセットテープが付属したバンドル・セットは「debaset store」のみでの販売となる。
■ debaser store オフィシャル・サイト(https://shopdebaser.stores.jp/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着