絵空事じゃないリアルが響く

若干19歳にして、事務所所属アーティストからフリーランスという経歴を持つ松田琉冬。そのキャリアゆえなのか、同世代のなかでも独特な大人びた空気を放っている。2014年からMAGiC BOYZのMCとして活動を開始し、ラッパー歴は7年目に突入。軽快なフロウと抜群のリズム感は、努力の賜物といって間違いないだろう。さらに、特筆すべきはリリックだ。少年期をタレントとして過ごし、グループとして活動するなかで、叶う夢も叶わない夢もあることを知った。そんな彼だから見える世界があり、紡げる言葉がある。絵空事じゃないリアルがあるからこそ、松田の歌詞は魅力的なのだ。先日配信が開始された「RUN」は、彼にとって1stシングルとなるナンバー。焦燥と葛藤がにじむリリックは、アップテンポなトラックと共に駆け抜けていく。ここから立ち上がりたいというときに、添えたい1曲だ。

松田琉冬 アーティストページ

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着