松坂桃李と広瀬すず、少女との日々を
切り取った特別バージョンも 吉永小
百合の主演映画『いのちの停車場』2
種の本予告編を解禁

5月21日公開の映画『いのちの停車場』から2種の本予告編が解禁された。
映画『いのちの停車場』 (c)2021「いのちの停車場」製作委員会
『いのちの停車場』は、『サイレント・ブレス』や、NHKで放送中のテレビドラマ『ディア・ペイシェント』原作小説で南杏子氏の同名小説を映画化するもの。大学病院に勤めていた救命救急医がある事情から父の住む実家へ戻り、在宅医療を通して患者と向き合う姿を描き、終末医療など現代のテーマにも切り込んだ作品だ。主演をつとめるのは、女優の吉永小百合。本作では、在宅医療を行う“つるかめ診療所”の鶴岡優子氏、鶴岡浩樹氏や、東京女子医科大学病院・救命救急センター長の矢口有乃氏に医療指導を受け、自身初となる医師役=白石咲和子を演じている。また、医大の卒業生で、咲和子を追ってまほろば診療所で働くようになる元大学病院事務員・野呂聖二を松坂桃李が、まほろば診療所を支え続けてきた訪問看護師・星野麻世を広瀬すずが演じる。松坂と広瀬は、どちらも本作で吉永と初共演。さらに、まほろば診療所の三代目院長・仙川徹役で西田敏行、咲和子の父で元美術教師の白石達郎役で田中泯らが共演。石田ゆり子、南野陽子、柳葉敏郎、小池栄子、泉谷しげるらもキャストに名を連ねている。

今回公開された予告編では、咲和⼦をはじめとするまほろば診療所の4⼈が、7組の患者とその家族に向き合い、最期まで寄り添おうとする様子が切り取られている。幼馴の咲和⼦が⾃撮りする中川朋⼦(⽯⽥ゆり⼦)や、病を抱えた芸者・寺⽥智恵⼦(⼩池栄⼦)、難病を患う娘について「病院に⾒捨てられたんです」と泣き崩れる若林祐⼦(南野陽⼦)、最期を平穏に過ごしたいと願う宮嶋⼀義(柳葉敏郎)、妻の髪を手入れする並⽊徳三郎(泉⾕しげる)など、名曲「Amazing Grace」をバックに様々な事情を抱えた患者と家族が登場している。

さらに、野呂(松坂桃李)と⿇世(広瀬すず)、まほろば診療所の若きふたりにフォーカスした特別バージョン予告も公開。医師になれなかった⻘年・野呂と、事故で家族を失った看護師・⿇世が、少女のある“願い”を叶えようと奔走する姿にも注目だ。
『いのちの停車場』は2021年5月21日全国ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着