『フジロック』、RADWIMPS、King Gn
u、電気グルーヴ、マンウィズら第一
弾出演アーティスト発表

8月20日(金)、21日(土)、22日(日)に新潟県湯沢町苗場スキー場にて開催される『FUJI ROCK FESTIVAL'21』(以下、フジロック)の、出演日別ラインナップ第1弾が発表された。日本国内アーティストによる特別なフジロックとなる今年、大注目のヘッドライナーにはRADWIMPSKing Gnu電気グルーヴの3組が決定した。
□8月20日(金曜日・初日)
RADWIMPS
2度目の出演となるRADWIMPS。社会現象となったアニメ映画『君の名は。』の主題歌「前前前世」などで日暮れ前のグリーンステージを大いに沸かせた前回出演から4年、2020年にはメジャーデビュー15周年を迎えた彼らが特別なフジロック初日のヘッドライナーを飾る。その他、日本のみならず全米デビューを果たすなど世界を股にかけて活動する究極の生命体バンドMAN WITH A MISSIONや、PUNPEE、OMSB、VaVaらHIPHOPレーベルSUMMITの所属アーティストが出演する。
MAN WITH A MISSION
SUMMIT
□8月21日(土曜日・2日目)
King Gnu
2017年にフジロックの新人登竜門的ステージROOKIE A GO-GOに出演し、翌18年にはメインステージのひとつであるレッドマーキーへ出演するという大躍進をみせたKing Gnu。現在最もチケット入手が困難なトーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイルバンドが苗場のヘッドライナーとして堂々登場する。そして、CORNELIUSが4年ぶりに出演する他、大晦日イベントでも熱いライブを披露したThe Birthday、バンドサウンドによるダンスミュージックシーンの先駆者ROVOが出演する。
CORNELIUS
The Birthday

ROVO

□8月22日(日曜日・最終日)
電気グルーヴ
1997年の初開催よりコンスタントに出演を重ね、フジロックとは蜜月関係にある電気グルーヴ。活動再開後、初めてヘッドライナーを担う予定だった2020年はコロナ禍の影響により開催延期に。ようやくと言うべきか、いよいよと言うべきか、2021年最終日のヘッドライナーとして出演する。また、2019年の出演時にレッドマーキーにいた全員を瞬時に混沌の渦へと引きずり込んで苗場に混乱と衝撃を与えた平沢進+会人(EJIN)が再び降臨する他、今や世界で活躍するCHAI、アコースティックサウンドでストレートな表現を自在にするOAU、フジロックに馴染みのあるトップ・ミュージシャン12名とクリス・ペプラーが忌野清志郎Rock’ n’ Roll FOREVERとして豪華絢爛なロックン・ロール・ショーを繰り広げる。
平沢進
CHAI
OAU
忌野清志郎Rock’n’Roll FOREVER
ほかにも、2021年再始動する浅井健一とUAのAJICO、フジロック初出演となるyonige、昨夏のフジロックYouTubeイベントで泣かせてくれたロックンロールの代名詞的存在のサンボマスター、根本要&西山毅が加わったスピンオフ四人囃子や永遠のギターヒーローCharなどの世代無差別ジャンルレスで特別なフジロックを盛り立てるアーティストが目白押しだ。すぐにチケットを手に入れよう。
AJICO
yonige
Char

◎フジロック・チケット情報 <本日4月16日 午前11:00より2次先行販売開始>
本日4月16日(金)11:00より、停止されていたフジロックの販売が再開する。全てのは昨年と同額、2次先行販売では1日券が20,000円、2日券が36,000円、3日通し券が46,000円で限定枚数が販売され、規定枚数に達し次第販売終了となる。受付期間は4月16日(金)~7月16日(金)まで。
2020年の購入者に対する払い戻し、プレゼントなどを含めた情報が新たに発表された。また、フジロック開催に向けた感染防止には主催者の防止対策だけではなく参加する全員の意識とお互いを思いやる気持ち、協力が必要となる。チケットに関する詳細及び感染防止に関するフジロックからのメッセージはオフィシャルサイトで確認してほしい。
文=早乙女’ dorami’ ゆうこ

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着