THE SQUAREの
名曲「TRUTH」を深掘りし、
アルバム『TRUTH』から
バンドの特徴を見る

「TRUTH」の要素はアルバムにも

「TRUTH」がタイトルチューンなだけあって、アルバム『TRUTH』の他の収録曲にも、「TRUTH」に注入されたエッセンスを見出すことが出来る。何と言っても特徴的なのは、どの楽曲にもJ-POP的な展開の妙味があるということ。どれもこれもメロディアスで、中心となるサビメロがちゃんとある上で、そこまで持っていく流れがしっかりある。本来であればここで、例えば…と具体例を挙げるところだが、どれもこれもそうなのだからサンプルを示す必要もなかろう。ラジオ番組『歌のない歌謡曲』で流れるような…というと語弊があるかもしれないが、歌詞のあるポップスやロックのヴォーカルパートを、ウインドシンセやギター、キーボードに置き換えたかのような分かりやすさがある。歌詞がなくとも♪チャララ〜と口ずさんでしまう親しみやすさと言い換えてもいいかもしれない。T-SQUAREをまったく知らない人に、M2「CELEBRATION」でもM3「BEAT IN BEAT」でも聴かせて、「これ、もともと歌詞があったんだよ」と嘘を教えたら結構信じる人がいるのではないか。マジでそう思うほどにポップだ。

アレンジ面においても、「TRUTH」で見せた編曲の妙が随所で見られる。ウインドシンセ、ギター、キーボードのメロディパートが、楽曲によって主メロの割合が高いパートもあるけれど、いずれかが完全に主役というわけではなく、言わば3トップ体制であること。これもアルバム『TRUTH』の特徴であり、(少なくともこの時期の)T-SQUAREというバンドの特徴と言えるのではなかろうか。これまた、どの楽曲でも見受けられる特徴なのだが、M4「UNEXPECTED LOVER」で示すのが分かりやすいだろうか。イントロではサックスが鳴き、Aメロの主旋律はギター。そこから再びサックス→鍵盤→ギター→サックス…とつながっていく。後半(アウトロ?)ではサックスが厚めで、そのテンションも熱めに感じられるのだが、ギター、鍵盤(エレピ)もとてもいい演奏を聴かせてくれる。「TRUTH」などに比べれば比較的落ち着いた印象のナンバーではあるので、サックスのみで主旋律を奏でていっても良さそうなものだが、そうしてないのは、やはりこのバンドならではのこだわりであろう。ひとつ思うのは、ヴォーカルがいるバンドであれば、歌詞を変化させていくことで、楽曲が進行していく中で世界観を変えていくこともできるけれども、インストではそうもいかない。楽曲そのものを単調に聴かせないために、「TRUTH」がそうであったように、そこにストーリー性を与えるべく、3トップを駆使して楽曲をバラエティー豊かに仕上げているのではないか。そんな気がしないでもない。

あと、本作の特徴として感じられるのはAORの香り。前述のM4「UNEXPECTED LOVER」もそうだし、M6「BREEZE AND YOU」やM9「TWILIGHT IN UPPER WEST」もそうだろうか。アダルトというか、アーバンな雰囲気を漂わす。この辺は1980年代らしいところでもある。イギリスのバンド、ShakatakやSadeといった“スムースジャズ”の影響も少なからずあったのだろうか。また、M3「BEAT IN BEAT」で民族音楽的なリズムを取り入れていることからは、わりと実験的な姿勢があったことも分かる。[初めて全面導入したデジタル機材による実験作であった前作のノウハウを活用し、本作では1990年代に繋がる新たなスタイルを確立することに成功した]との寸評もある([]はWikipediaからの引用)。『TRUTH』は全体的な聴き応えがポップであるから大衆的なアルバムと言って差し支えないとは思うが、だからと言って、決して大衆に阿った作品ではなく、バンドとしての探求心が発揮されたアルバムでもあったようだ。

TEXT:帆苅智之

アルバム『TRUTH』1987年発表作品
    • <収録曲>
    • 1.GRAND PRIX
    • 2.CELEBRATION
    • 3.BEAT IN BEAT
    • 4.UNEXPECTED LOVER
    • 5.TRUTH
    • 6.BREEZE AND YOU
    • 7.GIANT SIDE STEPS
    • 8.BECAUSE
    • 9.TWILIGHT IN UPPER WEST
『TRUTH』('87)/THE SQUARE

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着