L→R RIKI、ほっつん、TAKUMI

L→R RIKI、ほっつん、TAKUMI

【Star T Rat インタビュー】
今の僕らのリアルな気持ちを
伝えようと思った

僕らが思い切り歌って、
楽しんでいる姿を観てもらうのが一番

結成は2013年5月25日ですから、もうすぐ8周年になるわけですよね。その間、16年6月に初のワンマンライヴをやり、まずは17年3月に1stシングル「オレンジの雨」をリリース。18年9月には2ndシングル「ポジティブファイター」を全国リリースし、そして今年4月28日に待望のニューシングル「暁」をリリースと。

全員
はい!

まずは「暁」が配信で先行リリースされました。反響はいかがですか?

RIKI
「暁」はメッセージ性が強いってこともあって、“これを聴いて毎日学校に行ってます”とか“勇気もらってます”という声をいただいています。
TAKUMI
ファンの方も頑張って広めようとしてくれているみたいで、SNSですごく発信してくれてるんですよ。
ほっつん
でも、「暁」は僕らの曲の中で唯一自分たちのことを書いたものなんです。

“自分たちのことを歌おう”といったコンセプトは、みなさんがプロデューサーに提案されたんですか?

RIKI
はい。昨年は新型コロナウイルスの影響で、本当に何もできない状態だったんですよ。でも、このまま動かないままではいられないと思って、クラウドファンディングでご支援をいただいて、作品を作ろうってことになって。その時に、今の僕らのリアルな気持ちを伝えようと思ったんです。当たり前にあったライヴが突然なくなったことのもどかしさとか葛藤とか。昨年は春・夏・秋・冬とワンマンライヴを4回やる予定だったのに全部なくなってしまって、もう希望がなくなっちゃったんです。それこそ“解散するかも”っていうところまで追い詰められたくらい…。そんな自分たちが苦しんでいる人たちに無責任に“頑張れ!”とは言えないから、だったら自分たち自身に向けた応援歌を作って、それを聴いてくれた人が元気になってくれればいいなと。
TAKUMI
応援してくださっている方々にまだ何も返せてないのに、こんな状態で終わるのはいけないと思ったんですよね。なので、応援してくださる方々のためにも頑張りたいという気持ちが込められてます。
ほっつん
歌詞で僕が好きな部分は《覚悟の数だけ傷を背負ってく》《理想を掲げ夢に手を伸ばす》です。4回のワンマンライブって、僕らの中でも人生を懸けてやろうとしていたことだったんですよ。それがなくなってしまったことが“傷”となり、でも諦めきれない“夢”もあって、それでまた頑張ろうと。その夢が“雲の切れ間に見えた暁”なんです。

なるほど。そして、カップリングの「DANCE DANCE」は、みなさんらしい“OSAKA PARTY POP”といった印象でした。

RIKI
この曲はライヴでよく歌ってたんですよ。クラウドファンディングでMVを作るってなった時に、CD化もされてないし、配信もされてなかったこの曲がいいんじゃないかと。イベントに出演した時には、ライヴを盛り上げるために1曲目にやることが多かったし。実はほっつんがメロディーラインの制作に関わってるんです。

ほっつんさん、このメロディーはどういう想いで作られたんですか?

ほっつん
“ライヴでみんなで声を出して歌いたい”と。《Ready hear say ! 「yeah」》とか、サビの途中に《「アイアイヤー‼!」》というフレーズがあるんですが、そういうかけ合いの部分が欲しいと思って、サビのメロディーを作らせていただきました。

3曲目の「WA-HA-HA !!!」はどうでしょう?

TAKUMI
これはもうそのまんまです(笑)。“つらい時こそ笑え”“いかなる時も笑え”という強いメッセージを込めてます。
RIKI
この曲に関しては“笑え”としか言ってないですね(笑)。

今、ちょっと醒めた目で見ながら“笑ってない”ほっつんさんはいかがですか?

TAKUMI&RIKI
あははは! 
ほっつん
(ドヤ顔気味に)いつも笑ってます(笑)。

それにしても《ダメでも笑え》《とにかく笑え》と畳みかけますね。

RIKI
今はライヴができる状況じゃないけれど、僕ら結構いろんなところに出演させていただくんですよ。どんな客層であれ、どれだけの人数であれ、僕らはそこで思いきりパフォーマンスするんで、お客さんには笑顔になってほしいっていうだけなんですよね。だから、この曲も“とにかく笑ってほしい”っていうだけです。難しいことは言えないんですけど、僕らは僕らの歌を思いきり歌って、僕らが楽しんでいる姿を観てもらうっていうのが一番なのかなと思ってます。
TAKUMI
僕らもずっと笑える状況ではなかったんですよ。でも、そういう状況だからって、いつまでも悲しんでいてもどうにもならないじゃないですか。笑っていればいいことが起こるっていうことを伝えたいです。
ほっつん
“とにかく笑え”っていうことですね!

取材:石川真男

シングル「暁」2021年4月28日発売 ニンニクレコード
    • NKCD-015
    • ¥1,500(税込)
Star T Rat プロフィール

スタートラット:2013年5月に結成された、RIKI、ほっつん、TAKUMIの幼なじみ3人からなるボーカルグループ。16年4月よりStar T Ratとして活動を始める。現在は関西を中心に、名古屋・四日市などでもストリートライヴを行ない、精力的に活動中。17年3月に1stシングル「オレンジの雨」、18年9月に2ndシングル「ポジティブファイター」、19年9月ミニアルバム『STARTRACKs』、20年2月O.A「STAR POP PARTY」、21年4月に3rdシングル「暁」をリリース。Star T Rat オフィシャルHP

「暁」MV

「DANCE DANCE」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着