J・ガイルズ・バンドの
リードボーカリストとして知られる
ピーター・ウルフの
渾身のソロアルバム
『ミッドナイト・スーベニア』

『Midnight Souvenirs』(’10)/Peter Wolf

『Midnight Souvenirs』(’10)/Peter Wolf

ミック・ジャガーやスティーブン・タイラーのようなカリスマ・ヴォーカリスト的存在のピーター・ウルフは、J・ガイルズ・バンドのフロントマンとして「堕ちた天使」の大ヒットもあって、一気にスターダムに駆け上がった。しかし、グループが売れれば売れるほど、自分のやりたい音楽とのギャップを感じるようになり彼はグループを脱退、ソロ活動に専念するようになる。84年にリリースした初のソロアルバム『ライツ・アウト』はミック・ジャガーの参加もあって注目されたが、当時のサウンドプロダクションは打ち込みやチープなシンセが多用されており、今聴くと古臭さが否めない。初期のJ・ガイルズ・バンドのファンはここで追いかけるのをやめた人も少なくないと思う。しかし、21世紀に入って彼はアメリカーナ的なアーティストとして完全に開花した。僕はJ・ガイルズ時代よりも素晴らしいとさえ思う。6thソロアルバム『スリープレス』(’02)はミック&キース、ディランのバックでお馴染みのラリー・キャンベル、J・ガイルズ・バンドの盟友マジック・ディック、アメリカーナ界の重鎮スティーブ・アールらをゲストに迎えて制作され、カントリーやブルースが完全に昇華されたルーツロックの名作と言える作品であった。アメリカーナ専門のインディーズからリリースされたにもかかわらず、ローリングストーン誌のオールタイム500アルバムに選出(427位)されるなど話題となった。今回取り上げる7thソロアルバム『ミッドナイト・スーベニア』(’10)は、その『スリープレス』を上回る傑作で、派手さはないが、楽曲も演奏も文句なしの仕上がりだ。ボストン・ミュージック・アワードでは2010年度の最優秀作に選ばれている。

J・ガイルズ・バンド脱退

マニアックなブルースやR&Bをルーツにしながら、独自のロックスピリットを加味しつつ人気を得たJ・ガイルズ・バンド。1970年にレコードデビューしてからずっと硬派路線を突っ走っていたが、レコード業界の巨大化に伴って利益確保が大命題となり、所属していたアトランティックレコードからの突き上げもあってポップ化路線へと方向転換を図る。皮肉にもその成果が実るのは、アトランティックからEMIアメリカへ移籍後、彼ら初の全米ナンバーワンアルバム『フリーズ・フレイム』(’81)をリリースしてからだ。この成功で、ローリング・ストーンズのワールドツアーのサポートに抜擢され、その大役を2年間務めている。しかし、初期の頃からのJ・ガイルズ・ファンにしてみれば、キャッチーなメロディーラインの「堕ちた天使(原題:Centerfold)」(全米1位)やシンセを使った「フリーズ・フレイム」(全米4位)はその軽さに耐えられなかったのだが、耐えられなかったのはピーター・ウルフも同じだったようで、音楽を始めた原点に立ち返りたいとグループを脱退、ソロシンガーとなる。

折しも、時代はシンセポップやテクノの80年代に突入しており、ロック界でも汗臭い人力演奏より打ち込みのサウンドが重宝された頃だ。リードヴォーカリストを失ったJ・ガイルズ・バンドは、メンバーを補充することなく最後のアルバム『ヒップ・アート(原題:You’re Gettin’ Even While I’m Gettin’ Odd)』(’84)をリリースするものの人気を盛り返せずに解散。1999年に再結成するが、2017年にJ・ガイルズが亡くなってしまい、残念ではあるがグループは永遠に消滅した。ピーター・ウルフのヴォーカル、マジック・ディックのマウスハープとホーン、J・ガイルズのロック魂あふれるギターワーク、セス・ジャストマンのキーボード&ソングライティング、リズム・セクションのダニー・クレイン(Ba)とステファン・ブラッド(Dr)の6人が渾然一体となってはじめて、J・ガイルズ・バンドなのである。

ウルフの相棒、ケニー・ホワイトと
ウィル・ジェニングス

ケニー・ホワイトはニューヨークを拠点に活動するシンガーソングライター兼キーボード奏者で、彼のプロデュース作であるショーン・コルヴィンのアルバムがグラミーにノミネートされ名を挙げた。ウルフは4thアルバム『ロングライン』(’96)のリリースツアー時にホワイトと出会い、その才能に惚れ込んで以降は彼と一緒にアルバム制作をスタートさせる。

ソングライティングの面では、90年代初頭から著名な作詞家ウィル・ジェニングス(クラプトンの「ティアーズ・イン・ヘブン」やセリーヌ・ディオンの「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」ジョー・コッカー&ジェニファー・ウォーンズ「アップ・ウエア・ウィ・ビロング」など大ヒット多数)との共作を始めており、ケニー・ホワイト、ウィル・ジェニングス、ウルフの三者が揃ったのは5thアルバム『フールズ・パレード』(’98)からで、このアルバムがターニングポイントとなり、ピーター・ウルフの音楽性がロックからアメリカーナ的なスタンスに変貌したと言ってもいいだろう。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着