朝6時からのクラブ・イベント『Xana
du』、営業時間短縮要請に伴い開催決

東京・渋谷の新ヴェニュー、TOKIO TOKYOにて朝6時からのクラブ・イベント『Xanadu』が5月23日(日)に開催される。

十分な補償が得られないまま、度重なる緊急事態宣言や営業時間の短縮要請などにより多くのライブハウスやクラブが苦境に立たされる中、迫力ある音楽を生で聴ける場所であり、音楽を好きな人たちが集う交流の場、そしてカルチャーが生まれていく場でもあるライブハウス/クラブをなくしてはならないという想いから発足したという本企画。

当日はindigo la Endのドラマーとしても活躍するeitaro satoや、ガラージ/ベースラインにフォーカスを当てたイベント『RIP』を主宰するGenick、ダンス・ミュージックを軸にハウス、ディスコ、ベース・ミュージック、J-POPなどイベントにより新旧様々なジャンルをプレイし、block.fmのラジオ・プログラム『InnerRoom』のパーソナリティーを担当していたhasなど、様々なジャンルで活躍するDJが出演する。

なお、酒類の提供は諸規則に則り午前11時からとなる。


【イベント情報】

『Xanadu』

日時:2021年5月23日(日) AM6:00〜
会場:渋谷TOKIO TOKYO
料金:ADV ¥2,000 / DOOR ¥2,500
出演:
Acrocanthosaurus
eitaro sato(indigo la End)
ETV
Genick(RIP)
has
hisabor
judgeman
YARDZ
(A to Z)

※都の営業時間短縮要請やまん延防止等重点措置に則り、朝6時より開催いたします。
※また、酒類の提供は諸規則に則り午前11時からの提供とさせていただきます。それまでソフトドリンクのみを提供いたします。なお、都の要請により開催時間および種類提供開始時間が変更となる場合がございます。

■ チケット/公演詳細(https://hype-ticket.stores.jp/items/6088f7c0047a9d4478beab24)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

新着