SHAG

SHAG
5月20日(木)、SUGIZO率いる恍惚のサイケデリック・ジャムバンド・SHAGが、配信ライヴ『LIVE STREAMING FROM TOKYO EPISODE III ~THE SHAG STRIKES BACK~』を開催する。2020年12月、メンバーを再編成して12年ぶりに復活した新生SHAGはジャズの聖地、東京・BLUE NOTE TOKYOにて2日間全4公演の有観客ライヴを実施。DAY2の2ndステージは配信とのハイブリッドだったが、配信のみに特化したライヴは今回が初となる。

メンバーはSUGIZOを含め6人。初期SHAGからのメンバーであり、今や日本を代表するベースヒーローKenKen(Ba)、15年来のセッションメイトにして4月に行われた『SUGIZO LIVE STREAMING FROM TOKYO EPISODE II~VOICE OF LEMURIA~』にも参加した、当代屈指のインプロヴァイザー類家心平(Tp)、元Yasei Collectiveの才人で、SUGIZOのオリジナルアルバム『ONENESS M』にも客演した別所和洋(Key)、SUGIZOソロライヴでもお馴染み、SUGIZOが最も信頼を寄せるパーカッショニストよしうらけんじ(Per)、そして前回が初共演となった新世代の超絶技巧ドラマー松浦千昇(Dr)。SUGIZOはギター、ヴァイオリン、モジュラーシンセサイザーの演奏に加え、大きく全身を動かして指揮者のように即興演奏を導き、一人何役も務める。

2020年のライヴで披露したのは、SUGIZOのソロ楽曲はもちろん、キーと大まかな展開だけを決めたスリリングな即興ジャムセッション、更にはSHAG再始動に大きな影響を与えた作品「BITCHES BLEW」(マイルス・デイヴィス)のカヴァーも。ストロボライトの明滅と連動し、メンバー各自の内なるマグマを一斉に暴発させるような狂乱の合奏。無音の中、音を鳴らす間合いを全員が探り合っているようなインタープレイは、剣術の試合を観ているような緊張感と、そこから解放されてすべてをぶちまけるカタルシスの連続だった。

ヒーリングミュージックに特化したオリジナルアルバム『愛と調和』を世に送り出す一方で、なぜその真逆に位置するSHAGを、コロナ禍の2020年代に復活させたのか? SUGIZOがMCで言及したのは、社会的な反骨精神、アナーキズムが音楽と分かち難く結びついていた1970年代の感覚だった。

「分断が広がり、差別が増え……そういう社会にやはり、本当の自由や人権を求めたい。音楽ってそのための手段で、ジャズもロックもファンクもそうだったはず。その当時の重要だったアティテュードを、2020年代にカスタマイズして、音楽をより自由にこれから進化させていくために、SHAGを復活しました」(SUGIZO)

再始動の経緯と決意表明を語るSUGIZOの口調は、世の中への危機感と音楽への愛に満ちていた。

2020年代にSUGIZOが音楽によって巻き起こす旋風の、まさに吹き始める瞬間を目撃したような、あの熱く意義深い一夜。5か月余りの時を経てSHAGはどのように変化し、深化しているのか? その目で是非確かめてみてほしい。

チケットは5月12日(水)18:00より販売され、(1)LIVE配信視聴のみの通常チケット(¥4,500)の他、(2)LIVE+アフタートーク配信を視聴でき、全メンバー直筆サイン入り生LIVE写真セット(集合+各ソロの計7枚)が特典として付くチケット(¥10,000)の2形態が用意されている。(1)(2)いずれも配信はアーカイヴ視聴が可能である【※日本時間5月27日(木)23:59まで】。

Text by Tae OMAE

【公演 概要】

『LIVE STREAMING FROM TOKYO EPISODE III ~THE SHAG STRIKES BACK~』
配信日時:5月20日(木) OPEN 18:00 / START 19:00

<チケット>
(1)通常チケット:¥4,500
(LIVE配信視聴チケット / アーカイヴ有り【※日本時間 5月27日(木) 23:59まで】)
(2)特典付きチケット:¥10,000
(LIVE+アフタートーク配信視聴チケット / アーカイヴ有り【※日本時間 5月27日(木) 23:59まで】+全メンバー直筆サイン入り生LIVE写真セット (集合+各ソロの計7枚)
・チケット受付期間
5月12日(水)18:00 ~ 5月27日(木)21:00まで
SHAG

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着