ウォルピスカーター

ウォルピスカーター

【ウォルピスカーター
インタビュー】
いろんなジャンル、さまざまな色…
聴いて飽きさせない構成になっている

自分で通して聴いても
曲数が少ないとは思わなかった

「止まないねって言わないで」はリズムが少しラテンっぽい箇所もあって、聴いてて楽しいポップなナンバーですね。

僕がやっている“噓CM”の企画で“嘘タイアップ曲”として作った曲なんですよ。僕の名前と似ている飲み物が偶然にも存在するんで(笑)、そのCMを参考にそれっぽい青春CMを毎年作っている企画がありまして、嘘のタイアップ曲…だから、僕っぽさみたいなものは一切度外視して、青春CMっぽさを僕と作曲のKent Kakitsubataさんとふたりで作り上げました。

先ほど社長は“ダークな世界観が好き”とおっしゃってましたが、ダークさは微塵もないですよね。

ですね。だから、大変でしたよ、この歌詞を書く時は(笑)。僕の中に存在しない甘酸っぱさを出さないといけないので、出てくる言葉が恥ずかしいというか。

《もう海底(ハイテイ)鳴いて 未体験な急展開》という歌詞がありますが、“海底”って麻雀用語ですよね? “〜鳴く”というのも。ここだけが甘酸っぱさとかけ離れていると思うんですけど。

そこは完全に母音を寄せにいって、パッと頭に浮かんだのが“海底”だったから、いったん“海底”を置いて、そこから《海底鳴いて》って組んだら語感が良くなってしまい、そのまま歌詞を書いたんです。でも、完成したあとで(麻雀のルール的に)海底は鳴けないってことを知りました(笑)。“えっ、海底って鳴けないんだ!?”と思ったんですけど、それが不可能を覆すみたいな意味になったから、逆に良かったなって(笑)。

最後の「シオン」。社長は以前のインタビューで“バラードは苦手”とおっしゃっていましたが、この曲はバラードであり、しかもかなり迫力のあるナンバーですよね。

すごく大変でした。バラードは好きなんですけど、求められる技術力が高いので勝手に僕の中のハードルがかなり上がっちゃって、録音に時間がかかってしまうんですよね。そうなってくると、だんだんと自信を失ってくるし、苦手意識もありましたけど、この「シオン」を書いてくれた郡 陽介さんのメロディーがすごくいいので、一回寝て起きたらまた歌いたくなっているというか、“早く録りたいな”って気持ちになる曲でしたね。

キーの高さも含めて、社長の声質に合ったメロディーのような印象はあります。

そうですね。バラードで圧がある曲ってこれくらいのキーがちょうどいいと僕も思います。バラードの圧ってロックの圧とはまた違うというか。ロックの圧は前にバン!とくるイメージなんですけど、バラードって空間で包み込む圧があるようなイメージなんで。その辺を郡さんがうまく汲み取ってくれて、自分に合うようなキーで作ってくれたと思います。

でも、サラッと歌えるものではないですよね。女性でも結構キツい高さじゃないですか?

いやぁ、大変でしたよ。“かなり難易度の高い曲が来たぞ”って。

でも、こうして完成した「シオン」は、頭のかなり高いキーの部分から後半のコーラスに至るまで、“バラードが苦手”という人には思えない歌唱だと思いますよ。

苦手ゆえのハードルの高さを、何とか乗り越えようと頑張っているような状態なので、“何とかなったな”というか(笑)。マスタリングしている時も“はぁ、終わった…”という気持ちが強かったですね。

そういう意味では、今の「シオン」の話もそうですし、「オーバーシーズ・ハイウェイ」では過去になかったメロディー展開にも挑んだということでしたから、今作は「オーバーシーズ・ハイウェイ」のインストを除くと5曲入りという少ない曲数の作品ではあるものの、ウォルピスカーターの新たな面を見せている音源ということが言えるのでは?

それは間違いないと思います。いろんなジャンル、さまざまな色というか、聴いて飽きさせない構成になっているので、自分で通して聴いても曲数が少ないとは思わなかったですし。

バラエティー豊かで濃いという。

濃いです!

取材:帆苅智之

EP『Overseas Highway』2021年5月26日発売 日本コロムビア
    • COCP-41481
    • ¥2,200(税込)

ライヴ情報

『ウォルピスカーター ワンマンLIVE 2021』
8/27(金) 東京・Zepp Haneda
※『真・株主総会』(振替公演)
10/24(日) 大阪・Zepp Osaka Bayside
※『ハイトーン刑務所~LIVE でキーを下げただけなのに~』(振替公演)

ウォルピスカーター プロフィール

ウォルピスカーター:男性歌い手。“高音出したい系男子”の異名を持ち、トレードマークのハイトーンヴォイスを武器にリスナーを魅了し続けている。実直な“高音”へのこだわりを掲げる『ウォルピス社』社長でもある。2015年に投稿した『アスノヨゾラ哨戒班』(作詞作曲:Orangestar)の歌唱動画は再生数1,500万回超え、2018年に投稿した「泥中に咲く」MUSIC VIDEOは5,000万回再生を超え、大きな話題に。ウォルピスカーター オフィシャルHP

「オーバーシーズ・ハイウェイ」MV

1st EP 『Overseas Highway』
クロスフェード

「口なしの黒百合」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着