新CMに出演した及川光博

新CMに出演した及川光博

及川光博、デビュー25周年を振り返
る 美輪明宏の「誤解されて当たり前
」に感謝

 「ビゲン 香りのヘアカラー新CM発表会」が12日、オンラインで開催され、ビゲンブランドアンバサダーに就任した及川光博が登場した。
 この日は、今年デビュー25周年を迎えた及川が、ビゲンの歴史とともに、自身の歴史を振り返るトークセッションを実施した。
 1996年、26歳のときに、シングル「モラリティー」でアーティストデビューをした及川。「“王子様”というコンセプトが当たった。当時は無名の新人ですから、デビュー戦を勝ち抜くためにはインパクトが必要でした」と振り返った。
 また、「王子様キャラクターで、ややブレークしたときに、浅香光代さんが野村沙知代先生とけんかをし始めて、マスコミでは“ミッチー”が2人いる状態になってしまい、ちょっと困ったな…という時期もありました」と明かして笑わせた。
 2001年、32歳のときに、美輪明宏の主演舞台に出演。当時、美輪からもらった「ミッチーちゃん、人間、誤解されて当たり前よ」という言葉が印象に残っているという。
 「心が軽くなりました。王子様をやめてから、イメージの独り歩きに苦しんでいたんです。バラエティー番組に出ても、イジられたり、物笑いの種になっていましたが、美輪さんが引っ張り上げてくれた。誤解されて当たり前。要は『しっかり勉強して力を見せつけていきましょう』ということ。そういう方です」と、改めて感謝の思いを口にした。
 現在51歳の及川は「年を重ねてさらに楽しくなったこと」を尋ねられると、「人間関係。人付き合い」と回答。
 「若い頃は自信に根拠がなかったけれど、経験値を高めることによってゆとりができ、思いやりも生まれた。最近は、虚勢を張ることもないし、無理して人と付き合うこともない。友達100人、要りません的な…」と語った。

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着