ムロツヨシをゲストボーカルに迎えた
スカパラ最新曲「めでたしソング fe
at.ムロツヨシ」、FM802でラジオ初O
.A.

東京スカパラダイスオーケストラがムロツヨシをゲストボーカルに迎えた最新曲「めでたしソング feat.ムロツヨシ」が、5月19日(水)のデジタルリリースに先駆け、本日5月18日放送のFM802『ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!!-』(21:00-23:48)でラジオ初解禁されることが決定した。
「めでたしソング feat.ムロツヨシ」は、ムロツヨシ演出・出演の舞台『muro式.がくげいかい』のテーマ曲。7年前、ムロツヨシが「いつか自分の舞台のテーマ曲をスカパラさんに手掛けてもらうのが夢です!」とスカパラメンバー全員の前で“夢”を打ち明け、7年の時を経て、ムロツヨシの“夢”を覚えていたスカパラからの逆オファーにより“夢”が結実。しかし、「歌いたい」「歌わせて」「歌わせろ」といったことはひと言も言っていないにも関わらず、ムロツヨシは何故かスカパラのゲストボーカルとして迎え入れられてしまったという。
「めでたしソング feat.ムロツヨシ」は、先日放送されたフジテレビ系『Love music』でスカパラとムロツヨシによって初披露され、ムロツヨシ史上初めての音楽番組での歌唱であったにも関わらず、しっかりと爪痕を残すとともに大反響を巻き起こした。
そんな「めでたしソング feat.ムロツヨシ」は、『Love music』でフルサイズ披露されたのだが、レコーディングされた音源とは異なっていた。実は、『Love music』では、ムロツヨシが実際の歌詞とは異なる言葉をフリースタイルでのせている箇所があり、ある意味完全版を聴くことができるのは今夜のFM802『ROCK KIDS 802』でのオンエアが初となる。
なお、『muro式.がくげいかい』の福岡公演(5月13日~16日)と大阪公演(5月22日~30日)は、政府による緊急事態宣言の延長・追加を受けて延期となってしまったが、延期という言い方に飽きたというムロツヨシが、自身の言葉で「muro式.がくげいかい、ロングラン決定!」と力強くロングラン宣言をしているので、『muro式.がくげいかい』が再開されることも楽しみに待っていよう。

■ムロツヨシ コメント
ムロツヨシ
確かに野外劇『muro式.がくげいかい』の音楽をお願いしました。
確かに掛け声などその声を録ることは嬉しくてやらせていただきました。
確かにその時、掛け声だけでなく歌詞入れて歌ってみないかい?と聞かれました。
確かに「はいー」とは言いましたよ。
これは流石にカマシだと、スカパラ兄さんたちのご冗談だろうと、スカジョークだ、と。
その夜、本当に劇中の好きな台詞や、裏テーマみたいなものを聞かれ、送り、
すぐさま歌詞ができてきて、初めて私はオモイました。
あの兄さんたち本気だ、本当にカマシてきた、マジスカだ、と。
そんなカマシから逃げてはならない。
私の歌唱力などもはや関係ない、と。
気づいたらレコーディングしてました。
兄さんたちが笑ってました。
ヤバイヤバイと笑ってました。
どうヤバイのか、聞いてくれた皆さまに教えてもらいたいのです。
どうヤバイですか?そしてクレームは全て兄さんたちにお願いします、笑。
最後に、スカパラ兄さんたちへ
こんな素敵な経験をありがとうございます。
こんな「めでたし」と出会えるなんて。
さらなる新しいかっけー「めでたし」を探しましょう、つくりましょう。
谷中 敦(東京スカパラダイスオーケストラ)コメント
夢のようなコラボレーションが実現して嬉しいです。
コロナ禍で大変な世の中に、お子さんにも夢を与えられる舞台ということで企画された
ムロツヨシさんのお芝居「muro式.」のスカパラに依るテーマ曲が完成したあと、
ムロさんに歌って貰おうか?とスカパラメンバーからアイディアが出ることは
自分には非常に自然なことに感じられました。笑
自分としては「muro式.」に寄り添った歌詞をつくりたかったので、
ムロさんからメールでアイディアを頂いて、自分がそれを歌詞に仕上げました。
『めでたし』というワードはムロさんから出てきたものでしたが、
それは余りにお花畑過ぎるのでは、と最初は戸惑いました。
でも、僕らみたいな仕事をするものにとってはお花畑を拡張して、お世話をして、
また種を蒔いてせっせとお花を育てることはとっても大切なことだと思うに至りました。
今まで、大昔から世界の歴史の中でも大変な不幸や悲劇が繰り返される中で、
その都度人類は『めでたし』に希望を持ち、癒されてきたんだと思います。
そんなお花畑が今一つ、ここに産まれました。
ムロツヨシさんはその真ん中で歌い踊るお花ですね。
フラワーロックならぬフラワースカか!笑
■NARGO(東京スカパラダイスオーケストラ)コメント
マッシュルームヘアーの魔法使いメレブに毎週腹がよじれる程笑わせてもらっていたのが10年前。
その後、ムロさんのラジオ番組に出演させて頂きました。
そう、スカパラメンバー、スタッフにはムロさんファンが多かったのです。
舞台を観させて頂いたり、僕らのライブに来て頂いたりで「いつか音楽を」と言う会話があったと思います。
それからしばらく時間が空いたのですが僕らはその事を忘れていませんでしたよ。
昨年ムロさんがニュース番組で宣言された舞台をやるという情報を僕らはキャッチしてすぐさま共有しました。
コロナ禍でのチャレンジ、凄いなと思いました。
ムロさんとの打ち合わせ後、4曲候補を提出したのですがこの内のどれかって事だったのです。
でもまさかの、この曲のココ、この曲のココ、あの曲はココがいい、
それとこの曲のココも捨てがたい。と言うお返事でした。wwwww
ならば全部くっ付けちゃおうって事で。スカパラ初の組曲が出来あがりました。
めでたしめでたし。
目まぐるしく展開する曲にムロさんの歌最高です。
笑えるのに最後ちょっと泣けてくる不思議。
あまり聞いたことのない作品が出来上がったので楽しんで頂けたら幸いです。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着