左上から時計回りに、大桃子サンライズ、望月みゆ、甘夏ゆず、恋汐りんご、鈴姫みさこ、ななせぐみ

左上から時計回りに、大桃子サンライズ、望月みゆ、甘夏ゆず、恋汐りんご、鈴姫みさこ、ななせぐみ

【バンドじゃないもん!
MAXX NAKAYOSHI インタビュー】
“こんなに自由に生きていいんだよ”
ということを伝えたい

変わりながらも変わらない
バンもん!の姿が詰まっている

恋汐
自分たちで考えているから、曲を作るのも楽しいよね。しおがベストアルバムに入って良かったと思うのは「6 RESPECT」です。それぞれのキャラが濃くて、各々のベクトルで好きなことをやっているメンバーの“他己紹介ソング”なんですけど、実はもうひとつ“たこ”が隠れているんですよ。
みさこ
えっ、どこ?
恋汐
サビに“多幸感”がありまる!(笑)
全員
おぉ~!(拍手)
恋汐
歌詞をみーちゃん(みさこの愛称)が書いてくれたんですけど、“楽しもうよ!”とか“愛し合おうよ!”というのを、サビでやかましくぶつけてくるみたいな(笑)。
みゆ
押しつけがましい(笑)。
恋汐
そう(笑)。でも、そういう感じがバンもん!らしいなと思って、しおはこの曲が大好きなんです。
みさこ
「6 RESPECT」を作った時は、ももからSMAPさんの「5 RESPECT」をオマージュしたいという発案が出て“それ、めっちゃいいじゃん!”と。SMAPさんってメンバーそれぞれの個性がすごく強いじゃないですか。
大桃子
そう。そういうところで、自分たちが目指すところはSMAPというか、むしろうちらがもうSMAPなんじゃないかと…。
みさこ
ちょっと恐れ多くはありますが…
大桃子
それくらいの気持ちでいきたいと思ったの。なので、「6 RESPECT」はSMAPさんに対する大きなリスペクトを込めた曲です。振付けをしてもらっている方に、“バンもん!はSMAPになれるし、なったほうがいい”と言ってもらえたことがあるんですよ。ひとつのメッセージを伝えるにしても、メンバーがすごく深いものを持っているという、SMAPさんの概念はそこだと思うんです。全員の個性がバラバラで、表現の仕方も、歌い方も、ダンスの踊り方も違うのに、揃うとハッピーになる。バラエティー番組にも強いし、俳優やMCとしてそれぞれが単独でお仕事もされていて、女の子のアイドルでそういう系統のグループはあまりいなかったので、それを目指してバンもん!も「6 RESPECT」を歌っていいんじゃないかと思ったんです。
ぐみ
ぐみの推し曲は「君の笑顔で世界がやばい」です。これは結構前の曲ですけど、バンもん!はいつも同じメッセージを発信していると思うんですよ。みんなも話してくれたけど、押しつけがましい愛だったりとか(笑)。“愛されなきゃダメ”というメッセージだったり、ラブ&ピースを「君の笑顔で世界がやばい」の頃から歌っているんですよね。昨年作った「ゴッドソング」も、ぐみの中では「君の笑顔で世界がやばいII」みたいな感覚があったんです。今作には変わりながらも変わらないバンもん!の姿が、詰まっているんじゃないかなと思います。バンもん!は昔からずっと人間賛歌みたいなものを歌ってきているので、「君の笑顔で世界がやばい」にも注目してを聴いてほしいです。
みゆ
私は「レジェンドあいらぶゆー」です。自主レーベルを立ち上げて、コロナ禍になり、その中で「6 RESPECT」とか「ゴッドソング」をリリースして…その上で、バンもん!が昨年10月に出したのがこの「レジェンドあいらぶゆー」というふざけた曲で(笑)。これは本当に“バカやろうぜ!”とみんなで話して作った曲で、バンもん!は遊んでいる曲がいっぱいあるけど、そんな中でもこれは抜群に遊びました。
大桃子
これまで歌詞先行とか、コンセプト先行があったけど、「レジェンドあいらぶゆー」は“キリン先行”という(笑)。手をキリンのかたちにして振るのを、どうしてもライヴでやりたかったんです(笑)。
みさこ
それで“ナイトサファリなんです”という謎のテーマを、そのままゆよゆっぺさんに送るという(笑)。
みゆ
そんな曲だけど、久しぶりにお客さんの前でライヴをした時に初披露できた曲だから、いろんな感情があるんですよね。バカな曲だけど、“やっとみんなの前でライヴができたよ!”という嬉しい気持ちが、ずっとこの曲には残っているんです。
恋汐
みんなが手をキリンのかたちにして振っているのを見た時、すごく嬉しかった。
みゆ
誰でもひと目で真似できるし、歌いたくなってしまうようなメロディーなので、新しくバンもん!を聴いてくれた人にも楽しんでもらえると思うし、ちょっとミュージカルみたいになっているから、ライヴでぜひ聴いてほしいです。
ぐみ
ライヴで披露するときは“聴いてください”じゃなくて、“ご覧ください”と言ってからやっています(笑)。

全国ツアー『バンもん!全国ツアー2021「極仲良的旅」』もあるので必見ですね。アース感やネイチャー感もありますし、途中でテンポチェンジしていて音楽的にもハイクオリティーです。

大桃子
そう。遊び心の塊でしかないような曲だけど、音楽的にはめちゃくちゃ素晴らしいと思います。
ゆず
そこは真面目に考えました。この曲を作っている時はiPhoneでアフリカの民族音楽をめちゃめちゃ聴いて、参考になるところがいっぱいあったので、みんなで“ここの部分よくない?”っていう細かすぎて伝わらない共有をたくさんしたのも印象に残ってます(笑)。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」