NTsKiとDYGL・Yosuke Shimonakaが自
宅でセッション Eartheater、Sadeの
カバー映像が公開

京都出身のSSW/プロデューサー・NTsKiとDYGLのYosuke Shimonakaによるセッション映像がYouTubeにて公開された。
新型コロナウイルスの蔓延により長引く緊急事態宣言下、外出自粛が求められる中自宅で撮影された本映像では2曲をパフォーマンス。1つは1984年にリリースされたSadeの1stアルバム『Diamond Life』収録の「Smooth Operator」のカバー。Sadeの代表曲とも評されこれまでにも数多くのアーティストにカバーされてきた名曲であり、昨年の5月にNTsKiの Instagramに投稿(https://www.instagram.com/p/CAfUXwjDux1/) されていたが、この度YouTubeにてフル・バージョンの公開に至った。

もう1曲はNYの奇才アーティスト、Alexandra Drewchinによるプロジェクト・Eartheaterが前作に引き続き〈PAN〉からリリースした最新アルバム『EARTHEATER / Phoenix: Flames Are Dew Upon My Skin』に収録されている「How To Fight」のカバー。NTsKiは一聴した時から作品の素晴らしさに惹き込まれたという。どちらのカバーも原曲に寄り添ったアレンジで、NTsKiの優しく切ない声色が際立つカバーとなっている。
NTsKi

NTsKiは現在新作を制作中とのこと。また、Giant Clawが5月14日(金)にリリースした最新アルバム『Mirror Guide』にも2曲でボーカル参加している。一方、Yosuke Shimonakaがギタリストとして活躍しているDYGLは、2ヶ月連続でシングルをリリースするなど勢力的に活動している。
■ NTsKi オフィシャル・サイト(http://ntski.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

新着