フールズ・ゴールドの2ndアルバム
『ミスター・ラッキー』は
歌も演奏も文句なしの傑作

イーグルスの弟分

フールズ・ゴールドはイーグルスの本家筋の弟分としてデビューした。レコード会社こそアサイラムではなくアリスタであったが、彼らのデビューアルバム『フールズ・ゴールド』(’76)のプロデュースはグリン・ジョンズ(イーグルスの1stでのプロデューサー)、グレン・フライとジョー・ウォルシュ(ともにイーグルスのメンバー)、ジョン・ストロナックの4名が数曲ずつ務め、ジョー・ウォルシュとドン・フェルダー(彼もイーグルス)がギタリストとしてゲスト参加しているぐらいなのだから、まさに直系のフォロワーだと言える。サウンド面でもコーラスや演奏スタイルは初期のイーグルスにそっくりで、ウエストコーストロック・ファンはフールズ・ゴールドの登場に拍手を贈ったものである。

フールズ・ゴールドというグループ

フールズ・ゴールドのメンバーは、トム・ケリー(Ba&Vo)、デニー・ヘンソン(Gu&Vo)、ダグ・リビングストン(Key&Pedal Steel)、ロン・グリネール(Dr&Per)の4名。リーダー格はケリーとヘンソンのふたりで、彼らが曲作りとリードヴォーカルやコーラスアレンジも行なっている。

イリノイ州出身のケリーとヘンソンは1969年頃からザ・ギルドというブレッド風のソフトロックグループで一緒に活動しており、シカゴのソウルレーベルであるトワイナイトから1枚、72年にはエレクトラからも1枚、それぞれシングルをリリースしているが鳴かず飛ばずであった。

メンバー4人がフールズ・ゴールドとして揃ったのは74年、同郷のシンガーソングライター、ダン・フォーゲルバーグのツアーバンドとしてオーディションで集まったのがきっかけだ。売れっ子のフォーゲルバーグのバックを務めたことで、多くのアーティストに彼らの名前が知られるようになる。翌75年、グリネールは、ジム・ゴードン(元デレク&ドミノス)が抜けたサウザー・ヒルマン・フューレイ・バンドのドラマーに抜擢されるが、1年経たずにグループは解散、すぐにフールズ・ゴールドに出戻らざるを得なくなった。

76年、フォーゲルバーグの口利きで大手のアリスタ(所属はフォーゲルバーグの持つモーニング・スカイ・レーベル)から1stアルバム『フールズ・ゴールド』をリリースする。前述したように、このアルバムはケリーとヘンソンの優れたソングライティングとイーグルス譲りのコーラスを武器に、デビュー作ながら優れた内容となった。特に、ジョー・ウォルシュが参加した「カミング・アウト・オブ・ハイディング」やドン・フェルダーが参加した「レイン・オー・レイン」などはウエストコーストロック史に残る名曲だと言えるし、フォーゲルバーグ作の「オールド・テネシー」はオリジナル録音(『囚われの天使』(’75)所収)よりも出来が良いのではないかとさえ思う。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着