THE SOUND BEE HD、波瀾万丈だった2
0年間の日々を語る!!!!

 先日、結成20周年を記念したベスト盤「DEAD MEMORIES-THE SOUND BEE HD 20th anniversary-」を発売したTHE SOUND BEE HD。バンドは2000年6月1日結成のため、本当なら1年前の6月にベスト盤を発売し、リリース記念のワンマン公演も含め20周年を盛大に祝うはずだった。だが、コロナ禍によりワンマン公演も、CD盤の発売も何度も延期に。結果、2021年4月に先行リリースも兼ねたワンマン公演を行ない、5月26日に無事ベスト盤を発売。なんとか20周年内に形を整えた。
このたび、メンバーらが20年という日々について語ってくれた。今回、「20年の日々を振り返っての思い編」「「DEAD MEMORIES-THE SOUND BEE HD 20th
anniversary-」について編」と2回に分けて、メンバーのインタビューを作成。ここでは、「20年の日々を振り返っての思い編」をお届けしよう。

「求められてるものと、自分が求めたいもの」の違いに悩んでいたときに出会ったのが、今のレーベルだった。
 
――THE SOUND BEE HDが誕生したのが…。
YOU 2000年6月1日結成になります。20周年を記念したワンマン公演を今年4月に、ベスト盤「DEAD MEMORIES-THE SOUND BEE HD 20th anniversary-」を5月26日に発売して、なんとか20周年内にアニバーサリーの行事を収めることが出来ました。
――昨年はどのバンドやアーティストもそうですが、ライブ活動したくても出来ないもどかしさや、リリースしたいのに難しい環境が多くありましたからね。
DaISUKE DARK SIDE 何時の間にか疫病が世界中に蔓延して、大将が「気をつけろ!!」と注意を促していたように、僕ら下々の兵隊どもは「大将がいうことは素直に聞い
たほうがいい」という気持ちでいたんだけど。THE SOUND BEE HDも、昨年夏頃にはようやくライブ活動を再開し始めたとはいえ、そのタイミングを見計らうまでは「何時からやるべきか」と思い悩む日々だった。本当なら、結成20周年の月に当たる2020年6月に20周年を記念したワンマン公演やベスト盤のリリースをやりたかったけど。当時は、世の中的にそんな環境じゃなかったからね。
――THE SOUND BEE HDの場合、コロナ禍以前から波瀾万丈な日々を送り続けてきたバンドですけどね。
DaISUKE DARK SIDE 俺だけがね(笑)。ここへ至るまでにも、3回くらい(重篤な病気で)死にかけてる感じだから。
――Starwave Recordsへ所属以降、今に繋がる音楽性を形作ってきましたけど。それ以前は、今とは異なる音楽性を示していましたよね。
DaISUKE DARK SIDE そう。もともとTHE SOUND BEE HDは、俺が大好きなTHE SMASHING PUMPKINSのようなバンドを始めたかったのと、海外にも飛びだそうと思って作ったバンド。一時期は、スニーカーにTシャツ短パン姿で、坊主頭。身体を鍛え上げ、強靱なバンドを目指してもいたけど。いくら頑張っても、PANTERAのような屈強な連中が集まったバンドと並ぶと、どうしても見た目の存在感で負けてしまう。そんな環境の中で試行錯誤をしていく中、自分で「求められてるものと、自分が求めたいもの」の違いに悩んでいたときに出会ったのが、今のStarwave Recordsというレーベル。そこへの加入をきっかけに、メイクもばっちりやって、衣装を作ってと、いわゆるヴィジュアル系バンド寄りにしたところ、バンドの支持も上がりだし、自分たちでも「このスタイルがバンドにはしっくりくるな」となりだした。求める音楽性も、俺自身がDEAD ENDBUCK-TICKに憧れてバンドを始めた80年代の頃のような意識へ戻り、純粋に好きな音楽性を求めだしたことが、結果的に今の音楽性の基盤になっていった。今回発売したベスト盤の「DEAD MEMORIES-THE SOUND BEE HD 20th anniversary-」は、Starwave Recordsへ加入した頃からの音源を中心に集めた作品だし、そういう構成になったのも必然だったんだろうね。
――今のスタイルに変えたことで、海外の人たちからの支持も結果的に多く集まり始めました。
DaISUKE DARK SIDE 確かに、海外でのウケはいいよね。ただし、THE SOUND BEE HDの音楽性がヴィジュアル系かと言われれば、今のヴィジュアル系バンドがやっている音楽性とはまったく違うもの。その音楽性を、海外の人たちに高く評価されたことは嬉しいよね。実際、10年前頃から定期的に海外のロックフェスから声をかけられるようになり、いろんな国に足を運んではライブ活動も続けている。今はコロナ禍によって海外には行けないし、実際、コロナ禍によって予定していた海外公演も行けなくなったけど。これからも海外での活動をしっかりと見据え、そのうえで国内でのライブ活動もやり続けていこうという姿勢でバンドはいるので。
――今のメンバーになったのは…。
HIRO 自分がTHE SOUND BEE HDのメンバーになってからで数えたら、もう12年くらいで…。
裕-Yuu- 俺が一番新しいメンバーなんですけど、今年で加入から6年目を迎えていますから、今のメンバー編成は2015年からになります。
YOU 今のメンバーが一番しっくりきてるよね。裕-Yuu-くん加入以前は外部プロデューサーと組んでやることが多かったけど、裕-Yuu-くんはTHE SOUND BEE HDの音楽性をトータルでプロデュースしてくれ、このバンドが求めたい音楽性へしっかり導いてくれるどころか、アレンジやミックス、マスタリングまですべての工程を担ってくれる。
裕-Yuu- の人との余計なやりとりを挟むことがなく、バンド内ですべてが完結できるように、いろんな面で作業速度が早くなっていいですよね。
DaISUKE DARK SIDE そう。ミックスやマスタリングって、バンドの音楽性はもちろんだけど、同時に、手がける人それぞれの個性も強く反映されるもの。「この人がベ
スト」と思った人がいても、その人のスケジュールがかならず自分たちと重なるとは限らない。そこで人を変えたら、また音楽性が変わってしまった経験も正直あったよ
うに、そこにもどかしさを覚えてきたんだけど。今のメンバーは、向いてる方向性があらゆる面で一緒。俺は、「このチームが最高」と思ったならズーッとそのチームと
一緒にやり続けたい。そこにズレが生じるのは、バンドに傷を与えたり、ときにはバンドを殺してしまうことにもなる。それを裕-Yuu-の加入によって最高のチームを作り
あげることが出来た。しかも彼は、細かい説明をしなくてもわかってくれる。以前の俺は、人に任せるのがぜんぜん出来なかった。むしろ、「他の人には触らせない」くらい頑固だったけど。今のメンバーは俺の求めたいものも全部わかってくれてるから、何も言わずともすべて任せてしまえる。そうなれたのも、自分のバンド人生の中、今のメンバーになってからが初めてじゃないかな。
TEXT:長澤智典
★インフォメーション★
THE SOUND BEE HD「WALKING DEAD 2021」MV SPOT

★音源情報★
THE SOUND BEE HD ベストアルバム
[DEAD MEMORIES-THE SOUND BEE HD 20th anniversary-]
結成20周年を記念した29曲収録のベストアルバム!
型番:SWSB-17
発売元:Starwave Records
販売元:FWD Inc.
価格:4,400円 (税込)
仕様:CD+CD 2枚組
限定:完全限定666枚
CD DISC1収録曲:
01. WALKING DEAD 2021
02. TeLL Me!!!
03. DaRK to DaRK
04. ENDLESS DEAD
05. BLooD RaiN
06. ReBoRN
07. CALLING
08. 毒-doku- 2021
09. 乱-ran-
10. cry
11. 死-DIE-
12. 葬-SOU 2021
13. answer
CD DISC2収録曲:
01. live 2021
02. cross
03. 艶
04. 煌
05. 華-hana-
06. 導
07. 翔
08. 舞夢 2021
09. 無
10. if
11. blood
12. down
13. monster
14. delete
15. 砕-sai-
16. SLIPPING TO THE HOLE 2021
ご購入方法:
オンラインショップでのご購入
https://starwave.official.ec/
全国のCDショップでのお取り寄せ:
全国のCDショップにて取り寄せが可能です。取り寄せをされる時にはお店のほうに「流通 FWD Inc.」「アーティスト名 THE SOUND BEE HD」「タイトル名 DEAD
MEMORIES-THE SOUND BEE HD 20th anniversary-」「型番 SWSB-17」をお伝え下さい。
INFORMATION
CDに関する問い合わせ先 E-MAIL: info@starwaverecords.jp
ライブ情報
THE SOUND BEE HD twitter
Facebook (English)

Myuu♪

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着