コラム【音は鼓膜を震わせ、音楽は心
を震わせる】#17 運が良かった?! SH
OGUN「男達のメロディー」

エンターテイナーを夢見るしがない50代のマンモス☆南が、レコード、カセットテープ、CD、MD、ネット配信と、音楽メディアは時代と共に変われど、歌が人の心を動かすことに変わりはない、という想いについて語ります。

運が良かった?! SHOGUN「男達のメロデ
ィー」

「運が悪けりゃ死ぬだけさ」

当時小学校6年生だった私に、幾度となくこのフレーズが刺さってきた。

1979年の日本テレビのドラマ『俺たちは天使だ!』の主題歌「男達のメロディー」の一節であり、ドラマのサブタイトルも「運が悪けりゃ〜」や「運が良ければ〜」となっていた。

11歳の子供にはなかなか刺激的な言葉とはいえ、多彩な登場人物が頑張ったり振り回されたりしながら、最後はだいたい残念な結果になる、という1話完結のドラマが楽しかった。

恐らく、今でも皮肉な物語が好きなのは、この影響かもしれないと思う。

この曲は、SHOGUNのデビュー曲でかつ最大のヒット曲のようだが、一般的には松田優作主演のドラマ『探偵物語』で使われた「BAD CITY」や「LONELY MAN」の方が知られているのだろうか。(ドラマの知名度の差かもしれない)

ちょうど時期的にはゴダイゴが流行り出す前ぐらいで、歌詞の中に若干英語が入ると子供的には抵抗があるというのも事実あって、軽妙な曲調ながら、英語の部分は完コピできないものの、結局「運が悪けりゃ死ぬだけさ〜死ぬだけさ〜」が馴染んでいた。

改めて調べたら、ボーカルの芳野藤丸は、全般的にカントリー調なのが気に食わなくて、歌い出しの「走り出したら〜」の部分をふてくされて適当に歌ったそうで、でもそれがウケてヒットしたらどうでもよくなったらしい。

そんなエピソードさえ、運が良かったというか、いろいろああだこうだと考えたり、悩んだり戸惑ったりしても、運を天に任せてぐらいの気持ちで走り出すことも大事だなと思わせる。

確かに、死にたくはないし、ケガもしたくないと思うことも多いが、失敗しようと思って生きてる人もいないだろうし、誰だって成功を夢見ているに違いない。

歌もドラマも、時が流れても、作られた当時と何も変わらずに存在している。それをどう受け取るか、それをどう糧にして生きていくか、それは自分次第だ。

運が悪けりゃ、、、
マンモス☆南
プロデューサー/フォトグラフィック・オーガナイザー
1967年9月12日 神奈川県出身
広告代理店、映画制作・宣伝などの業務を経験した後、イベント企画・運営会社「合同会社グラスタ」を設立。女性アイドルの撮影会やネット番組、フットサルチームのプロデュースなどを行う傍ら、カメラマンとして写真集やブロマイドの撮影にも取り組む。

好きなミュージシャンは、小田和正Mr.Children、大瀧詠一、杉真理織田哲郎など。
【グラ☆スタ!今月の推しメン】
もりしま りお
1994年3月16日生。大阪府出身。血液型O型
パチンコパチスロアイドルユニットを経て、舞台中心に女優として活動中。その他、撮影会モデルなど様々なジャンルで活動中です。

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着