大野雄介、新作EP『When Shared』リ
リース PES、ACC・モリシー参加曲含
む全4曲を収録

SSW・大野雄介が新作EP『When Shared』を本日6月23日(水)にリリースした。
本作には大野雄介がAwesome City Clubのライブでコーラスを担当している縁もあり、同バンドのモリシー(Gt.)がサウンド・プロデューサーとして参加した「Oasis」や、ライブ配信企画『LIVE DELIVERY』で共演したPESプロデュース楽曲「Twilight」、ハシモトコウタがアレンジを担当した「紫陽花」など全4曲を収録。

また、リリースに際して本人と制作陣に加え、chalmico、向井太一などからのコメントも到着した。

【大野雄介 コメント】

どこか息苦しさを覚えるいまの世の中で、必死に生き抜こうとするけど、時には誰も信じられなくてその優しさにも気付けなかったり。とにかく自分を守らなくちゃいけないと、ふと嘘をついてしまったり。
マジョリティーに
惑わされ、正解がわからない、前にも後ろにも進めないわたしをあなたを責めないで欲しいです。もう自分を押し殺すことは終わりにして、楽しい、苦しい、淋しい、好きとか嫌いって、素直な声をもっともっと聞かせて欲しい。
僕らは傷つけ合うこともするけど、それも相手がいないと出来ない訳で、ないものねだりだけど、波風立たない日々が続けば、もしかしたら、目の前にあるきっかけも見つからないかもしれない。人と言葉を、感情を、ぶつけることで初めて感じられる、気付けるしあわせもあると思います。
今はひとりぼっちでどうしていいか分からなくても、誰かと『分かち合うとき』何かが生まれることを心から信じています。そして、同じように分かち合えない切なさがあるということも。

【PES コメント】

参加出来て光栄です。なんとなくイベントで一緒になり、なんとなく仲良くなり、なんとなく共に曲を作り、なんとなく二人で歌う。なんとなく惹かれてしまう、彼の自然体の音楽を楽しんでいただけたらと思います。
PES

【ハシモトコウタ コメント】

僕が大野雄介と出会ったのは渋谷の某ライブハウス。サウンドチェック時に歌っていたDamien Riceの“The Blower’s Daughter”に感動して話しかけたのが最初だった。それから数年が過ぎ、今回のEPの「紫陽花」をアレンジしながら、その頃からずっと彼の声が大好きなんだなと思い出していた。一歩一歩着実に歩み続けているその姿にいつも勇気づけられている。
ハシモトコウタ

【モリシー(Awesome City Club) コメント】

ACCのコーラスとして参加してくれてる大野雄介。
彼の歌声を聞いた時、おおらかな歌声の中に、憂いのある優しさを感じて、oasisはそれを体現している曲なんだなと思いました。編曲している時にもなんだか歌に励まされてる感覚がありました。
今の世の中、彼の歌がものすごく響くと思います。
制作をしながら僕がその1人でしたから。。笑
ぜひとも聴いてみてください!
モリシー(Awesome City Club)

【ホリエアツシ(ストレイテナー) コメント】

良いっす!! 歌もサウンドメイクも、ミニマルながら曲ごとにセンスが光っていて、この季節にどハマりします。

【向井太一 コメント】

そうそう! こういう雄介の声が聴きたいんだよ! と叫び出したくなるほど、大野節が溢れ出していた。
梅雨のじめっとした空気に、爽やかな風が吹くような。淀んだ暗い心に、ぱっと光が差すような。気持ちも体も丸ごと包み込んでくれる素敵な作品でした。雄介、完成おめでとう!!
向井太一

【ESME MORI コメント】

やわらかい人柄がそのまま歌声に表れていて、聴いているとなぜか大野さんと喋っているような気持ちになりました。
Awesome City Clubのコーラスとして大野さんと知り合いましたが、その時とはまた違う大野さんを知れて嬉しいです。
美しい曲たち!

【Kensuke Takahashi(LUCKY TAPES) コメント】

良いっす!! 歌もサウンドメイクも、ミニマルながら曲ごとにセンスが光っていて、この季節にどハマりします。
Kensuke Takahashi(LUCKY TAPES

【村松拓(Nothing’s Carved In Stone / ABSTRACT MASH) コメント】

雄介は独特のリズムで生きてる人で会うたびにそれに癒されてます。優しいから、一筋縄じゃいかない、そんな天邪鬼な自分らと向き合う情熱を持っている人だと思ってます。そういう曲達だと感じました。雄介って感じ。リリースおめでとう!
村松拓(Nothing’s Carved In Stone / ABSTRACT MASH

【chelmico コメント】

こーんな綺麗な歌声でこーんな歌詞歌われちゃ参っちゃいますね。
大野くんの静かな強さ、心がぎゅっとなります。かっこいいです。
個人的にはPESさんとの曲が爽やかに色っぽくて最高〜〜です。
お酒飲みながらいっぱい聴きます! リリースおめでとう!

【Oguri (s**t kingz) コメント】

爽やかで、憂いのある楽曲たちが、梅雨の空気と入り混じってとても心地よく身体に入ってくる感覚。進化する大野雄介の音楽と、相変わらず優しい彼の声がそっとあなたに寄り添ってくれるはずです!
Oguri (s**t kingz)


【リリース情報】

大野雄介 『When Shared』

Release Date:2021.06.23 (Wed.)
Label:ONYK
Tracklist:
1. 昼下がり
2. Oasis
3. 紫陽花
4. Twilight

Distributed by NexTone Inc.

■大野雄介: Twitter(https://twitter.com/usukeono) / Instagram(https://www.instagram.com/y0uy0u/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着