歴史探究コラム『ああ夢城+歴史のふし穴』

歴史探究コラム『ああ夢城+歴史のふし穴』

THE BACK HORN 岡峰光舟、
歴史探究コラム
『ああ夢城+歴史のふし穴』を刊行!

音楽界屈指の歴史(日本史)識者として知られ、日本100名城も全て登城しているTHE BACK HORNのベーシスト・岡峰光舟の歴史探究コラム『ああ夢城+歴史のふし穴』が、遂に単行本となって2021年7月中旬に刊行されることになった。

今作は、フリーペーパー『Rooftop』にて2015年から2018年まで連載され、日本の城にまつわる興味津々のエピソード の数々を語る「ああ夢城」と、2018年から2020年まで連載され、日本の歴史の影に埋もれた知られざる逸話の数々を軽妙なタッチで語り尽くす「歴史のふし穴」を、1冊にコンパイルした作品。また、「兵どもが夢の城」と題したカラーグラビアには、本人がこれまでに撮影した数々の城写真が掲載されている。

なお、7月23日(金)の一般発売に先駆け、6月27日(日)に開催されるTHE BACK HORN『KYO-MEIストリングスツアー』feat.リヴスコール<大阪公演>の会場にて、部数限定で先行販売も行なわれる。

【住野よる 推薦文 】

好きなものについて楽しく語ってくれる人の存在が、今まで目を向けなかった分野に興味を持つ大事なきっかけになると思っています。説くというより、教えるというより、城や歴史の面白い話があるから!と喋ってくれる、ベーシスト岡峰光舟さんの親しみ深い声が聞こえてくるような一冊です。

――住野よる(小説家)
歴史探究コラム『ああ夢城+歴史のふし穴』/岡峰光舟(THE BACK HORN/福山城築城400年応援サポーター)著2021年7月中旬刊行(7月23日(金)一般発売)
    • 四六判 / 並製 / 336ページ
    • 定価:本体1,700円+税
    • ISBN 978-4-907929-39-8 C0073
    • 編集・発行:LOFT BOOKS(有限会社ルーフトップ)
    •  
    • <登場する城>※50音順
    • 安土城/犬山城/宇和島城/岡城/岡山城/熊本城/高知城/島原城/津和野城/鳥取城/名古屋城/彦根城/肥前名護屋城/備中松山城/姫路城/弘前城/広島城/福山城/伏見城/松江城/松本城/丸岡城/丸亀城/水戸城/和歌山城
    •  
    • …など、城マニアも思わず唸る鋭い考察と分析の数々に注目!
    •  
    • <日本の歴史に埋もれた逸話>※一部
    • ●「桜田門外の変」の襲った側、襲われた側の“その後”
    • ●8月15日以降の戦闘で最大の規模だった占守島の戦い
    • ●一人の下級武士が「長篠の戦い」の分け目を変えた
    • ●“西郷隆盛”も“真田幸村”も実は本名じゃなかった
    • ●我が原風景の呉にほったらかしだった戦艦たち
    • ●海軍経由で広まった日本人の家庭の味
    • ●一族を見捨てた戦国武将・荒木村重、波乱の生涯
    • ●江戸時代の銭湯=湯屋から見る庶民の暮らし
    • ●干し柿に運命を変えられた伊号第400乗員の話
    • ●親子二代でムスコを負傷した勝小吉&海舟
    •  
    • …など、著者の関心のある戦国時代、幕末から太平洋戦争終結までの“ふし穴”エピソード満載!
歴史探究コラム『ああ夢城+歴史のふし穴』
THE BACK HORN 岡峰光舟

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着