ボビー・チャールズのベアズヴィル盤
『ボビー・チャールズ』は、
ウッドストック産の
味わいに満ちたアルバム

『Bobby Charles』(‘72)/Bobby Charles

『Bobby Charles』(‘72)/Bobby Charles

ウッドストックと言えば、ロックファンであれば1969年8月の『ウッドストック・フェス(Woodstock Music and Art Festival)』を真っ先に思い浮かべるだろう。しかし、少数派のロックファンにとってのウッドストックは、ウッドストック在住のミュージシャンで制作された、商業ベースには乗らないが良質のアルバム群を指す言葉である。今回紹介するルイジアナ出身のボビー・チャールズの初ソロアルバム『ボビー・チャールズ』もウッドストック産の好盤だ。ウッドストックで作られた多くのアルバムは“傑作”とか“意欲作”などの野心的な表現はそぐわない。ウッドストック産の音楽は当たり前の日常から生まれた人間味のある温かいサウンドが身上で、暮らしの中で人に寄り添ってくれるような存在だと言えるかもしれない。

ディランのウッドストックでの療養

フォークシンガーからロックシンガーへと転向したボブ・ディランは、66年にオートバイによる事故で長期間の療養生活が必要となった。マネージャーのアルバート・グロスマンの誘いもあって、その数年前からディランはウッドストックに住んでおり、この療養期にザ・バンドと一緒にリハーサルを繰り返しその記録は後に『地下室』としてまとめられる。

そもそも有名な『ウッドストック・フェス』は、ディランに憧れた若者たちがウッドストックでフェスを開催しようと企画するものの、ウッドストック側に拒否され、ギリギリになって約80キロほど離れたべセルのヤスガー農場での開催が決まったという経緯がある。フェスの名前を変えなかったのは、ポスターやパンフレットの印刷が間に合わなかったことなどが理由だが、皮肉にもフェスの場所とは離れたウッドストックの名前が世界に記憶されることとなった。ちなみに、94年、99年にも『ウッドストック・フェス』が開催されたが、この時もウッドストック側は企画段階で拒否している(人口6,000人の小さな町なのだから当然のことだけれど…)。

ウッドストック村

ニューヨーク近郊に位置するウッドストックは観光地としても知られるが、ボブ・ディランやザ・バンドといったミュージシャンが住み始めるもっと前の、20世紀初頭から画家や陶芸家などが住む芸術家村として知られる場所だった。60年代初頭にグリニッチ・ヴィレッジやボストン等で隆盛を極めたフォークリバイバルは、大手レコード会社が流入することで急速に商業化が進み、それを嫌ったミュージシャンらが田舎町のウッドストックへと流れていく。ウッドストックには野外の音楽堂やライヴハウスも点在していたので、少人数が楽しめるルーツ系の音楽が育まれていく。『サウス・バイ・サウスウエスト』で有名なテキサス州オースティンと成り立ちが似ているような気もするが、オースティンの場合は何千人も収容できる大きなホールもあり、スケールがまったく違う。しかし、こぢんまりとしたウッドストックだからこそ、日常生活に密着した音楽が育まれたとも言えるのだ。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着