情感にあふれた
陰影のある歌を聴かせる
マリア・マッキーの『永遠の罪』

『You Gotta Sin To Get Saved』(’93)/Maria McKee

『You Gotta Sin To Get Saved』(’93)/Maria McKee

不遇なローン・ジャスティス時代を経て、マリア・マッキーの才能が開花したアルバムと言えば2ndソロアルバム『永遠の罪(原題:You Gotta Sin To Get Saved)』(’93)をおいて他にないだろう。本作はオルタナティブなカントリーロックから脱皮し、素のマッキーが感じられる重みのあるルーツロック作品に仕上がっているのが特徴だ。アメリカーナ的な味付けと瑞々しいポップ感覚がバランス良く配合され、彼女のソウルフルで切ない歌声が十二分に生かされている。オリジナルのソングライティングにこだわらず、ヴァン・モリソンやキャロル・キングの渋い名曲を取り上げたことで、マッキーの歌唱力がより際立つことになった。絶頂期のジェイホークスのメンバーが参加していることもあって、彼女の全キャリアを通して本作を超えるものはない。

雑食音楽のライヴハウス、パロミノ

パロミノはハリウッドにある老舗のミュージッククラブ(1949〜1995。70年代中頃まではカントリー音楽が専門)で、70年代末になるとジャンルを問わず面白いアーティストなら出演を認めるようになった。カントリー系のアーティストがメインではあったが、ロス界隈では最も爆音で知られるパンクバンドのX、ネオロカビリーのブラスターズ(ダイアン・レイン主演の映画『ストリート・オブ・ファイアー』(’84)でライヴ演奏シーンがある)、チカーノロックのロス・ロボスやデル・フエゴス、カントリーシンガーで俳優のドワイト・ヨーカム(ジョディ・フォスター主演の映画『パニックルーム』(’02)で恐ろしい人物を演じていたあの人)や、アメリカーナ・シンガーのルシンダ・ウィリアムスやジム・ローダーデイル、俳優でシンガーのハリー・ディーン・スタントン(デビッド・リンチ監督やヴィム・ヴェンダース監督のお気に入り俳優)など、今では有名になったアーティストは数多い。

パロミノの出演者たちはパンクであろうがカントリーであろうがお互いに影響し合い、よく共演もしていた。そんなライヴの様子を見て、カントリーやロカビリーとパンクをミックスした女性グループのスクリーミング・サイレンズが誕生するなど、パロミノはカウパンクやパンカビリーといった音楽を生み出し、若者たちにも徐々にその名が知られるようになる。パロミノに影響されて、イーストL.Aの多くのライヴハウスでは、パンクロック、カントリー、ブルーグラス、ブルース、R&B、フォークなどのアーティストが入り乱れる結果となり、これがもとになって後にオルタナカントリーやアメリカーナが生まれることになるのである。実際、ブラスターズのデイブ・アルヴィンはXのエクセン・サーベンカやジョン・ドゥと一緒にニッターズというオルタナカントリー(というよりはオルタナブルーグラスのほうが近い)のアルバムを作っているし、ニッターズやジョー・イーリー(ロッキン・カントリーシンガー)のライヴを観たクラッシュのジョー・ストラマーがカントリーに影響されるなど、当時のイーストL.Aでは早くから90年代に向けたオルタナティブで自由な空気が漂っていたようだ。

シド・グリフィン率いるロング・ライダーズ、ピーター・ケイスのいたプリムソウルズ、チャック・プロフェット加入後のグリーン・オン・レッド(いわゆるペイズリー・アンダーグラウンド)等のグループもパロミノで活動していたが、今回の主役であるマリア・マッキーが在籍したローン・ジャスティスやカーラ・オルスンのテクストーンズなどは、パロミノでは80年代型の新世代オルタナカントリーロッカーであった。

ローン・ジャスティス

1982年に結成されたローン・ジャスティスは、見た目は可憐なマッキーがソウルフルに歌い上げるという特徴的なスタイルで、パロミノでは人気バンドであった。メンバーは、ライアン・ヘッジコック(Gu)、マーヴィン・エツィオーニ(Ba)、ドン・ヘフィントン(Dr)そしてマッキーのボーカルという4人組で、ゲフィンレコードとの契約が決まった。デビューアルバム『ローン・ジャスティス』(’85)はトム・ペティ、リトル・スティーヴン(Eストリート・バンド)らのサポートもあって話題にはなったが、セールス面ではふるわなかった。オルタナカントリー的なそのサウンドは、当時はロックサイドからもカントリーサイドからも中途半端だと見られたのである。はっきり言って彼らのスタイルは90年代的であり、登場するにはまだ早すぎたのだ。それでもU2やトム・ペティのオープニングアクトを務めることで、ローリングストーン誌において85年度の最優秀女性シンガーに選ばれるなど、マッキーの認知度は急上昇することになる。

メンバーが大幅に入れ替えて臨んだ2ndアルバムの『シェルター』(’86)もたいした結果を残せずグループは87年に解散、歌唱力を買われたマッキーはソロシンガーとして再スタートを切ることになった。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着