三浦大輔(作・演出)、岡田将生、峯
田和伸、寺島しのぶのコメント&舞台
写真が到着 舞台『物語なき、この世
界。』開幕

2021年7月11日(日)、BunkamuraシアターコクーンにてCOCOON PRODUCTION 2021『物語なき、この世界。』が開幕し、演出家・キャストコメントならびに舞台写真が公開となった。
作・演出を手掛けるのは、スキャンダラスな題材と、リアリティーを追求した演出で、観る者の感情を揺さぶる三浦大輔。舞台は新宿歌舞伎町、『ドラマ』の主人公に憧れる売れない俳優と、人生に『ドラマ』を求める売れないミュージシャンが、うらぶれた風俗店で10年ぶりに邂逅する――人間のエゴをさらけ出し、深層を深く掘っていく本作品。映画監督としてのキャリアを積み上げた三浦が、観客を演劇と映画のはざまに誘う。
COCOON PRODUCTION 2021『物語なき、この世界。』(撮影:細野晋司)
COCOON PRODUCTION 2021『物語なき、この世界。』(撮影:細野晋司)
COCOON PRODUCTION 2021『物語なき、この世界。』(撮影:細野晋司)
売れない俳優で、同棲している彼女の稼ぎでヒモ生活をおくる菅原裕一役には、岡田将生。売れないミュージシャンで菅原の田舎の高校の同級生、今井伸二役にはロックバンド銀杏BOYZ峯田和伸。売れない俳優と売れないミュージシャンという現実とは真逆の役柄を、初共演の2人がどう演じるのか。そして、今井のバイト先の後輩でフリーターの田村修役には柄本時生。菅原の彼女でOLの鈴木里美役に内田理央。事件のキーマンとなる橋本浩二役に星田英利、本作品の鍵を握る歌舞伎町のスナックのママ、橋本智子役に、寺島しのぶ。さらに、宮崎吐夢、米村亮太朗と個性豊かな俳優陣が脇を固める。
COCOON PRODUCTION 2021『物語なき、この世界。』(撮影:細野晋司)
COCOON PRODUCTION 2021『物語なき、この世界。』(撮影:細野晋司)
COCOON PRODUCTION 2021『物語なき、この世界。』(撮影:細野晋司)
誰もが物語の“主人公”であり“脇役”で、人生に物語を求めがちな現代。「そもそも『物語』なんて存在するのか……」。なにか起きそうで、起こらなそうな危うい街、新宿・歌舞伎町。そんな矛盾が交差する世界を、最高の俳優陣がリアルに演じる。
作・演出 三浦大輔、 岡田将生、 峯田和伸、寺島しのぶのコメントが到着した。
▼三浦大輔
稽古中はマスク着用で何とかやってきました。難しいテーマでしたので、舞台として成立するのか手探りでしたが、良いものをお届けしたいと皆で一緒に意見交換しながら協力しあってこの世界感を作り上げました。
(キャスト・スタッフの皆さんには)感謝しています。いよいよお客様にお見せ出来るので、反応が楽しみです。
▼岡田将生
感染対策を徹底的に行いながら稽古をやってきました。
この作品は疲れれば疲れるほど良くなってプラスになっていき疲労感イコール気持ちよくなってきて、とても充実した稽古ができました。
やっとお客様の前で最高の芝居を届けられるのが嬉しいです。一つ一つのシーンを大切に演じていきます。
▼峯田和伸
稽古場ではマスク着用でしたので目だけの情報だけで稽古をしていましたが、劇場に入ってマスクを外してお芝居ができるのでやっと一緒にお芝居ができているな、と実感がつかめた感じがしました。本場が楽しみです。舞台は同じ設定で同じセリフを話しますがそこに楽しみを見出したいと思っています。
これが最期になってもよいという覚悟で、自分がやらなくてはいけない事をやるだけです。頑張ります。
▼寺島しのぶ
三浦さんの舞台は『禁断の裸体』以来で、その時も子供が生まれて2年経った時で煙草の火がつけられない程緊張したのを覚えています。今回も2年振りに舞台へ引き戻してもらい縁を感じています。三浦さんのグサッと刺さるセリフを理屈っぽくなくいかにサラッとメッセンジャーとして伝えるためにどう身体に入れるのか戦っています。
稽古の始め、三浦さんに「岡田さんは風俗に通う体形をしていない」と言われていましたが、今では風俗に通う身体
が形成されていて、その変わっていく姿を近くで見られたのはお宝でした。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着