NakamuraEmi

NakamuraEmi

【NakamuraEmi インタビュー】
何か救われる部分が
あるものにしたいと、
やっと思えるようになった

ぶれることが怖くて型にはめてきたのが
ようやく肩の力を抜いて考えられた

美味しいものを食べたいっていう欲求は人間の根源的なものですからね。今作は本当に自然体で、一種のオーガニックなイメージを感じます。

自然界に助けられた部分はたくさんありましたね。昨年、いっぱい土を触ったからかな?(笑) 実は今回、生ドラムがひとつも入ってないんですよ。当初は入れるつもりで叩いてくれるメンバーも当たってたんですけど、やっていくうちに自然とそうなって、結局は全部打ち込みになったんです。

もしや、耳にやさしい音にしたかったから?

そうですね。プロデューサーのカワムラヒロシさんもサーフィンをやったり、自然を感じる人なんですけど、このコロナ禍でなおさらいろいろ感じたみたいで。例えば「畑」にはジャズっぽいピアノを入れたり、アレンジの話をしていても“いろんなジャンルの土がEmiちゃんから栄養をもらって実になってるし、さまざまなサウンドやメロディーが出てくるのは、そこからいろんな野菜が育つ感じなんだよね”とか、自然界の話がいっぱい出てきたんですよ。そういう匂いとか生命力のある言葉やメロディーが生まれてきたから、そこに生の音を重ねすぎてしまうと、ちょっと重くなってしまうかもしれないという判断でなくなったのかもしれません。なので、自分たちの声とギターと、あとは無機質なものでやっていこうっていうスタイルになったのかも。

今後はアルバムリリースのたびにタイトル決めの苦労が生まれてしまいますね。

ヤバいですね(笑)。でも、楽しいです。テーマがどんどん変わっていくと、この一年の生き方も露わになるし。今まではぶれることが怖くて、いろんなものを型にはめてきたところがあったけれど、“まぁいっか。そんなの誰も気にしてないよね!”というところまで来れたので、今回は肩の力を抜いていろいろ考えられたんじゃないかな? 今後もどんどん広げていきつつ、でも“NakamuraEmiってこうだよね”って言ってもらえるような、ちゃんと芯があるものは持ち続けていきたいです。

9月からはツアーも始まりますが、だから今のNakamuraEmiのライヴがどうなるのか予想がつかないんですよ。わりと激しい曲も多かった過去作と、新作がどう交ざっていくのかも。

私もどうなるか分かんないです(笑)。そのぶん、楽しみですね。今は『Momi』のことで頭がいっぱいですけど、今回4月から3カ月連続で配信リリースをして、7月にアルバム発売と長い期間曲を作っていたから、どこかでまた昨年のように息を抜ける時間をいただけたらと。そしたら、次にどんなふうに動くかが見えてくると思うので、これからは今までできていなかったオンとオフの切り替えをうまくこなしつつ、また新たなものをみなさんに見せていきたいですね。

取材:清水素子

アルバム『Momi』2021年7月21日発売 日本コロムビア
    • 【CD】
    • COCP-41502
    • ¥2,970(税込)
    • 【LP】
    • COJA-9422
    • ¥4,400(税込)

ライヴ情報

『NakamuraEmi 「Momi Release Tour 2021」』
■アコースティックVer.
Vo,NakamuraEmi / Gt,カワムラヒロシ
9/24(金) 北海道・PENNY LANE 24
9/25(土) 北海道・帯広Rest
10/01(金) 千葉・LIVE HOUSE ANGA
10/03(日) 群馬・高崎clubFLEEZ
10/06(水) 神奈川・BAYSIS
10/09(土) 栃木・HEVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2
10/16(土) 福島・郡山Hip Shot Japan
10/17(日) 宮城・誰も知らない劇場
10/19(火) 岩手・盛岡CLUB CHANGE WAVE
10/22(金) 静岡・浜松窓枠
10/23(土) 岐阜・岐阜 club-G
10/27(水) 京都・KYOTO MUSE
10/28(木) 兵庫・チキンジョージ
10/30(土) 広島・広島LIVE VANQUISH
10/31(日) 岡山・岡山CRAZYMAMA KINGDOM
11/02(火) 高知・X-pt.
11/03(水) 香川・DIME
11/05(金) 石川・金沢AZ
11/07(日) 新潟・ジョイアミーア
11/13(土) 熊本・熊本B.9 V2
11/14(日) 鹿児島・鹿児島SR Hall
■バンドVer.
Vo,NakamuraEmi / Gt,カワムラヒロシ / Ba,片野吾朗 / MPC,熊井吾郎 / Pf,千葉岳洋 / Per,大塚雄士
11/26(金) 福岡・DRUM LOGOS
11/29(月) 大阪・なんばHatch
11/30(火) 愛知・NAGOYA ReNY limited
12/03(金) 東京・Zepp Haneda

NakamuraEmi プロフィール

ナカムラエミ:神奈川県厚木市出身。1982年生まれ。山と海と都会の真ん中で育ち幼少の頃よりJ-POPに触れる。カフェやライヴハウスなどで歌う中で出会ったヒップホップやジャズに憧れ、歌とフロウの間を行き来する現在の独特なスタイルを確立する。その小柄な体からは想像できないほどパワフルに吐き出されるリリックとメロディーは、老若男女問わず心の奥底に突き刺さる。16年1月にアルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST』メジャーデビュー。20年2月には5thアルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST2』をリリースした。NakamuraEmi オフィシャルHP

「drop by drop」MV

「投げキッス」MV

「私の仕事」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着