Dannie May、2作連続EP第二弾『ホン
ネ』本日リリース 前作『タテマエ』
と対になる会心作

6月に配信EP『タテマエ』をリリースし、楽曲アレンジやメンバー自身が監督したミュージックビデオが高い評価を得ている“ポップとマイナーの境界線、新感覚バンド”ことDannie Mayが、本日7月14日にフィジカルEP『ホンネ』をリリースした。
先日、全5曲を収録した配信EP『タテマエ』から先行配信シングル「適切でいたい」のミュージックビデオが、アニメクリエイター「提供わたし。」と初めてのコラボレーションし、MUSIC ON! TV「M-ON! Recommend」に決定したりと、楽曲とともに各方面から高評価を得ている。
本日タワーレコードのみで限定販売されたEP『ホンネ』は連続EPリリースの第二弾で、全てが新曲の5曲が収録されている。両作はテーマが繋がったコンセプトEPで、「本音を伝えるためのタテマエ」「建前に聞こえるようなホンネ」という、人が持つ本質の両極端をジャケット/楽曲/ミュージックビデオまで、前作『タテマエ』と対になるように作りあげた会心作になっている。
また、7月25日(日)には主催ライブ『Dannie May Presents "Welcome Home!" #2』(読み方:ダニーメイプレゼンツ ウェルカムホーム ツー)をO-nestで実施する。ゲストとして小林私の出演が決定しており、チケットはソールドアウトしている。

■Dannie May メンバーコメント
Vocal. Gutar.:マサ
今作のテーマは「ホンネ」と「タテマエ」だったんですが、2 枚とも最初はテーマになるべく忠実に沿って両面を書き進めていきました。
ただ、進めるうちに「本音を伝えるための建前」だったり「建前に聞こえるような本音」みたいな色んな物に遭遇して中々混乱しました。そんな状態で書いたので2 枚通して聞いてもらった時にすごく主張のはっきりした曲や少し混乱しながら作っていい意味で少しぼやけている曲があって色んな主人公に出会える面白い2 作になったと思います。
Vocal. Keyboard.:田中タリラ
「タテマエ」先行シングル3 曲に加えて新曲2 曲が追加されているEP となっていますが、新曲のうち僕は「If you イフユー」を作曲していて、エンジニアさんとの連携が最高に合って、日本ではまだあまり無いようなエッジのあるサウンドに仕上がったので特に是非、聴いていただきたいです。「ホンネ」今までのDannie May には無かった音や雰囲気の作品が集まったEP になりました。
また、5 曲とも曲調が全く違うのがおもしろいです。特に「小舟」では初めてアコースティックな楽曲に挑戦しているのでチェックしていただきたいです。
Chorus. Kantoku.:Yuno
今作「タテマエ」「ホンネ」は人が持つ本質の両極端を表したものになってます。建前が良しとされていた時代では皆が思ってる事を相手に伝える事が憚られていたし、本音が良しとされている時代では各々が守ってきたはずの誰かの世界を傷つけてしまう。そんな人が持つ両極端の本質を今作では皆さんに提示したく、ジャケット、曲、MV までも対になるように作ってます。建前と本音は表裏一体だから。そんな不器用な僕達人間が大切にしていかなければならないのは何なのか、この2 枚を聴いて是非もう一度大切な人と自分と語り合って欲しい。
多分、皆それぞれ違う答えが見つかると思います。僕達と答えを見せ合うその日まで、この2 作を存分に楽しんでくれたら嬉しいです。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着