中編小説『さよなら、バンドアパート』ポスター

中編小説『さよなら、バンドアパート』ポスター

juJoeの平井拓郎(Vo&Gu)、
映画化も決定している自筆小説
『さよなら、バンドアパート』が
ついに発売!

juJoe(ex.QOOLAND)の平井拓郎(Vo&Gu)が、自身で執筆した中編小説『さよなら、バンドアパート』(文芸社)を7月16日(木)に発売した。

同作品には三島想平(cinema staff / peelingwards)や中嶋イッキュウ(tricot / ジェニーハイ)をはじめ、ミュージシャン、イラストレーターなど7名の推薦コメントが届いている。

なお、本作を原作とした映画が2022年春に劇場公開が決定しており、cinema staff、KEYTALKが本人役で出演することが分かっている。Twitterではエキストラの募集を行った。

また、『note』では一章が公開されているので、この機会にぜひとも読んでみてほしい。映画を含む作品の詳細は彼のオフィシャルSNS等をチェックしよう。

中編小説『さよなら、バンドアパート』
推薦コメント

■三島想平(cinema staff / peelingwards)
あまりにもリアルなフィクションだ。
川嶋にかつての自分を重ね、恥ずかしさと悔しさで胸を締め付けられた。
そして、何度も心が洗われた。同時にこれからの自分を肯定してもらっているような気がしたのだ。
ちなみに僕はレコーディングの合間にこの作品を読ませてもらい、自分がありがたいことに未だ生業にさせてもらっている「音楽」というものが、どれだけ儚く、曖昧で、そして尊いものであるかを改めて考える機会になった。
「それでも人生は続く。青春と呼ばれる時間よりも、何倍も長いエピローグをひっさげて 」
こんな言葉を同い年の男に書かれてしまったら、まだやるしかない。

■中嶋イッキュウ(tricot / ジェニーハイ)
詩的で知的で心地良い表現の中で描かれる主人公の人生はとても美しい歌のよう。

■小野武正(KEYTALK / Alaska Jam)
10代から20代にかけて一回は抱くであろう感情を堅実に文字に落とし込んでいて読み進める度に改めて思い出させてくれる初期衝動やむず痒くなる一面、そして昨今の音楽ビジネスに於ける葛藤が主人公川嶋を通して表現されていて面白い作品でした。
昔ながらな泥臭いバンド活動を実際に経ないと到底表現出来ないディテールに独特な偏見と先入観が俯瞰して交錯し合う様は自分の過去を塗り替えられそうなリアルさでつい溺れてしまいそうでした。
作中には様々な言い回しで音楽と青春の延長にあるノスタルジーを表現していますが『歌って感謝されるのは、魂を素手で掴まれたようだった。』に音楽をやる所以が詰まっている気がしました。

■カザマタカフミ(3markets[ ])
破壊につぐ破壊。人生の破壊録。
燃え尽きても灰すら残らない
自暴自棄一歩手前の男の物語。

■草野華余子(シンガーソングライター / 作詞家 / 作曲家)
気付かないうちにジワジワと心身を蝕んでゆく悪魔に背中を押され転がり落ちるのは一瞬、指先を血塗れにしながら自力で這い上がるのはさながら永遠。その渦中をこんなに痛いほどストレートに文学に落とし込んだ備忘録がかつてあっただろうか。読んでいて胸が千切れた。"人生はいつも少しだけ間に合わない"ということを誰よりも知っている、弱くて優しくて強い平井さんの描く真実の物語、是非ご堪能ください。

■しおひがり(イラストレーター)
破滅寸前のアウトサイダーによる祈りの物語。 昨今の音楽シーンの変革により「絶滅危惧種」とも言える愛すべきバンドマンを、ゴリゴリの現役プレイヤーである著者自身の経験を活かして痛いくらいリアルに描き出している。 主人公川嶋の青春と鬱屈と葛藤。令和のコロナ禍で生まれた最新型の「ライ麦畑」。

■シノダ(ヒトリエ)
アルコールと向精神薬の荒波に呑まれ、人間社会をちっともサーフ出来ないバンドマン・川嶋の用法容量を超越した半生はとてもじゃないけど正しくない。正しくないけど、美しい。 あの頃になってしまったあの頃をぶっ壊れながら駆け抜ける、たった一人のオルタナティヴ漂流記。
中編小説『さよなら、バンドアパート』ポスター
juJoe

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着