STU48『瀬戸内サマーツアー2021~サ
ングラスデイズ~』今村美月「STU48
はキラキラしていてアツいな!と思っ
てもらえるツアーにしたい!」

STU48号での最終公演で発表された夏のツアーが7月17日(土)からスタート。2期研究生は昇格を目指し「STU48 2期研究生 夏の瀬戸内ツアー~昇格への道~」と題し瀬戸内7県のライブハウスをまわり、1期生・ドラフト3期生は「STU48 瀬戸内サマーツアー2021~サングラスデイズ~」と題し山口・香川・兵庫のホールをまわる。ツアー最終日の9月12日(日)広島サンプラザホールで行われる夜公演ではメンバー全員が出演。

7月18日(日)山口・KDDI維新ホール 1期生・ドラフト3期生による『瀬戸内サマーツアー2021~サングラスデイズ~』を実施。

1期生・ドラフト3期生のツアー初日は新山口駅に直結し、多彩なイベントの新拠点として2021年6月にグランドオープンしたばかりのホールで開催。ツアー初日を迎えるにふさわしい場所での開催。

今回は、影アナではなく山口県出身の岩田陽菜、森下舞羽による前説でスタート!森下が注意事項を読み上げると岩田が「2階席の1番上の人まで見えてますよ!最後まで楽しんでくださいね〜」と盛り上げました。ツアー1曲目はツアータイトルでもある『サングラスデイズ』を披露。

それぞれが浮輪や水中眼鏡、水鉄砲、ビーチボールなどを装備して夏らしさをアピールしながらのパフォーマンス。夏らしいポップなサウンドで、会場の雰囲気も一気に夏らしいハイテンションに。『Baby!Baby!Baby!』『Everyday、カチューシャ』『思い出せる恋をしよう』と4曲続けて元気よくパフォーマンス。

今村美月が「『瀬戸内サマーツアー~サングラスデイズ~』始まりました。楽しんでいますか〜!STU48号ラストツアーで山口県に来れなかったので本当に今日が嬉しいです、皆さんで盛り上がっていきましょう!」と会場を盛上げ、『恋は仮病中』『好きになれただけで幸せだ』『一杯の水』『ペラペラペラオ』『真夏のクリスマスローズ』とそれぞれのユニットに分かれ5曲続けて歌唱。

いつもとは違うユニット曲、メンバーの組み合わせに信濃宙花は「私ずっとCharming Tripに入りたかったんです。だからこの曲ができて嬉しくて。」と話すと、沖侑果が「宙花にはまだ早いって」と皆を笑わせる場面や、『一杯の水』でセンターを務めた中村 舞は「ゆみりん(瀧野由美子)さんの元気よく飛び上がるダンスの部分は動画をみて勉強しました。」と語ると、瀧野は「もっと見習っていいよ」と上から目線のクロストークなどで観客を楽しませた。

また、有観客で行えることの喜びから甲斐心愛は「みんなで拍手で会話しようよ」と提案すると瀧野、信濃のそれぞれのリズムをお客様に拍手で連呼してもらうというお客様との拍手でのコミュニケーションを楽しんだ。

後半ブロックは、『思い出せてよかった』『さよならクロール』『僕らのユリイカ』『センチメンタルトレイン』『無謀な夢は覚めることがない』と、5曲続けて披露。

その後、来場者の撮影タイムをもうけ『ペダルと車輪と来た道と』フルバージョンで披露し、本編が終了。

そして、メンバーが全員退出したかと思うと、森下舞羽が登場。アンコールのコール先導を行いました。アンコールが始まると全員で『夢力』『恋人いない選手権』『ドリアン少年』を元気いっぱいにパフォーマンス!榊 美優が「皆でツアーを回れることが凄く幸せで…ファンの方も応援してくれて、凄く嬉しい空間でした。」と感謝を述べると、福田朱里の「本当に本当に最後の曲になります。勢いバッチリで始まったサマーツアー、最後はやっぱりこの曲で皆で夏始めましょう」のコメント。最後には、『サングラスデイズ』を披露し昼公演を終えた。

夜公演では山口県出身の瀧野と森下が前説を担当。瀧野が「新しいホールでいい匂いがする。椅子もふかふかで気持ちいいよね。」など新しくオープンした会場の感想などを話し、会場の空気を温めたところで夜公演がスタートしました。昼公演とはセットリストを少し変え、ユニット曲では『Blue rose』『ごめんねジュエル』を披露。

全員曲では『さよならサーフボード』『そばかすのキス』を披露。MCではステージセットの可愛さをみんなで語り、パラソルの下でポーズを撮ったりとアイドルらしいトークとなりました。夜公演での来場者撮影タイム曲は『奇跡という名のストーリー』。それぞれ可愛いポーズでファンにアピールし本編は終了した。

昼公演に続きアンコールの先導は森下が担当。元気よくアンコールコールを連呼し、会場を一気に盛り上げました!ラストでは、瀧野が「ここで皆さんにお知らせがあります。9月22日(水)に写真集を出すことが決まりました!」と発表すると、会場には祝福の拍手が響き渡り、メンバーからの「水着は?水着は?」の質問には「色んな衣装を着せていただきました」と匂わせる場面も…。「地元の山口県での撮影を中心に、愛犬あんこも登場してます」と地元での撮影を行ったことも語った。さらに、写真集3都市キャンペーンも実施が決定しており、東京渋谷TSUTAYAでの1日店長キャンペーンのほか、広島・山口で行う予定。瀧野由美子の新たな挑戦をこの1冊で感じていただける作品になっている。

最後は、キャプテンの今村が「STU48のツアーはまだまだ続きます。最後まで一緒に走ってくださったら嬉しいです!」とファンへの感謝を伝えた。ファンからの温かい笑顔と拍手で感動のツアー初日を終えた。

今村美月(キャプテン)コメント

このコロナ禍のなか、ツアーができるか少し不安でしたが、こうして初日を迎えられてうれしいです。

キャパの大きい会場であったり、夏らしいかわいいセットであったりするので、毎回の公演を大切にしながら頑張りたいと思います。

私はセットリストを作る段階からこのツアーに関わっていて、フレッシュさを意識して、楽曲毎でいつも決まっていたメンバー編成を変えてみたり、ライブではFullで聞く機会の少ない楽曲をFullバージョンでパフォーマンスしてみたり、いつもライブに来ていただいているファンの方にも新鮮味を感じられるよう作ってみました!

夏ということで、「STU48はキラキラしていてアツいな!」と思ってもらえるようなツアーにできるよう頑張ります!

岩田陽菜(山口県出身)コメント

ツアー初日公演が地元の山口で開催できたことがうれしいです!
以前からファンの人にライブで山口に行ってみたいという声をいただいていたので、こうしてツアーで来ることができて本当によかったです。
ライブでは、夏をテーマにした楽曲が多いセットリストなので、これまでの夏とはちがう大人っぽい雰囲気を意識してパフォーマンスしました!
「今年の夏はSTU48が一番アツく盛り上がってるな」と思ってもらえるようなツアーにしていきたいと思います!

瀧野由美子(山口県出身)コメント

私も山口出身なので、この夏できたばかりの新スポット、KDDI維新ホールでライブできることがうれしかったです!
船上劇場ラストツアーでは、山口県で開催することができなかったので、その分地元のファンの方には「愛をお届けしよう、一緒に山口を盛り上げよう!」という気持ちを込めました!県外から来ているファンの方には「山口を満喫して帰ってね!」という気持ちを込めてパフォーマンスしました。
去年はコロナ禍の影響でファンのみなさんに直接お会いできる機会がほとんどなかったので、こうして少しずつ有観客ライブができるようになってきたので、「やっぱりSTU48って最高だな、瀬戸内に行ってSTU48に会いたいな」と思ってもらえるツアーにしたいです!

森下舞羽(山口県出身)コメント

地元で一番大きいホールでライブがしたいという気持ちがあり、KDDI維新ホールが建設中の時からSTU48みんなでライブができたらと思っていたので、うれしいです。
今回はソーシャルディスタンスをとった座席の間隔を空けての開催だったので、いつかまた満席のこの会場でライブがしたいです!
一部出演という形でしたがライブにあたり、外の気温より熱く盛り上げようと意気込んでいました!
また、SNSでお土産や食べていってほしいものとかを提案していたので、心の底から楽しい山口遠征にしてほしいなとい気持ちでパフォーマンスしました!
たくさんアイドルがいるなかで、こうしてたくさんの方が会場に来てくださったり、配信でSTU48のツアーを見てくださっているので、これからも精一杯頑張りたいと思います。

実施概要

イベント名:STU48瀬戸内サマーツアー2021~サングラスデイズ~
日時:2021年7月18日(日)  
昼公演 開場13:00/開演14:00  夜公演 開場17:00/開演18:00
会場:山口県・KDDI維新ホール
出演メンバー:石田みなみ・今村美月・岩田陽菜・沖 侑果・甲斐心愛・門脇実優菜・榊 美優・信濃宙花 瀧野由美子・谷口茉妃菜 ・中村 舞 ・兵頭 葵 ・福田朱里・峯吉愛梨沙・森下舞羽・矢野帆夏

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着