熱狂のツーマンライブ『GM+』開催、
神サイとPEDROが話題のコラボ曲「初
恋」も披露

『GM+』2021.7.22(THU)大阪・なんばHatch
PEDRO
神はサイコロを振らない、PEDROが出演した2マンライブイベント『GM+』が7月22日(木)、大阪・なんばHatchにて開催された。
かんかんに晴れ上がった4連休の初日、オープニングSEとシンクロする盛大な手拍子で迎えられたのは、BiSHのアユニ・Dがベースボーカルに加え全楽曲の作詞から一部作曲までを行うソロバンドプロジェクト、PEDROだ。1曲目の「東京」から、ミニマムなスリーピース編成で繰り出す骨太のバンドサウンド×イノセントな歌声の黄金配合でいきなり真価を見せつけ、続く「感傷謳歌」でも、トレードマークのジャズマスターを手にこれぞな轟音をかき鳴らす田渕ひさ子(Gt/NUMBER GIRL他)、コーラスもリズムも変幻自在の毛利匠太(Dr)と頼もしいサポートメンバーを従え、自らもどっしりとしたベースラインを刻むアユニ・D。「人生山あり谷ありせわしない。どうだって良い、起き上がれば良いじゃないか!」と開口一番、空を切り裂くギターリフから一気に駆け抜けた「無問題」、フロアの熱量を増幅させるようなカオスでポップなダンスナンバー「自律神経出張中」と、三位一体のスリリングな疾走感で魅せていく。

PEDRO
「待ちに待った神サイ(=神はサイコロを振らない)さんとのツーマン、今日はここに足を運んでくださって本当にありがとうございます! 先日、神サイさんの「初恋」という曲にゲストボーカルとして参加させていただいたんですけど、少年のような無邪気な方々で、レコーディングも優しい気持ちで挑ませていただきました。あとこの間、神サイさんのワンマンライブも観させていただいたんですけど、ものすごい妖艶で、色気がすごくて、したたかで、そのギャップにまんまとやられてしまって。そんな唯一無二の魅力を持った4人と対バンができて、たまらない気持ちです。『GM+』、思う存分楽しんで帰ってください!」
PEDRO
神サイのファンも大きくうなずきそうなMCを経て、「音楽は宇宙である!」とぶち上げた「GALILEO」では、高速フレーズも何なくこなす強烈なドラミングとフルドライヴするギターで再びボルテージは最高潮に! その後も、ノイジーなボーカルとシャウト、マッドでヘヴィな16ビートで攻め立てる「pistol in my hand」、スーパーソリッドなギター弾きまくりの見せ場からダークネスな衝動を爆発させた「SKYFISH GIRL」、メロウで壮大なミドルチューン「空っぽ人間」と畳み掛け、名うてのミュージシャンとも堂々と渡り合うアユニ・Dのえも言われぬ存在感に、ずぶずぶと引き込まれていく。

PEDRO
「きっとそれぞれが日常生活を乗り越えて、学校とか仕事とかいろんなことを生き抜いて、今日を迎えたと思うんです。うまく眠れない日とか、心が重くなって消えてしまいたい夜もたくさんあると思うんですけど、そういうときは今日この楽しかった時間とか、愛しい思い出たちをギュッと抱きしめて、そういうあなた方の好きなものを大事にして……これからもいろんなことがあると思うんですけど、どうか笑って生きていってください。私も元気に生きていきますので、またどこかでお会いしましょう。今日はありがとうございました」
PEDRO
演奏中とは打って変わってあどけなさすら感じるMCからは、彼女のピュアな気持ちが切々と伝わってくる。そんな余韻のままに溶け込んだ「生活革命」では、内なる叫びを一心に届けるような歌声にグッとくる。一転、言葉数多めのリリックが印象的な「浪漫」は、見る者がおのずと肩を揺らす珠玉のポップソング。会場の各所から拳が上がったラストの「NIGHT NIGHT」まで、スリーピースバンドの醍醐味と底知れぬポテンシャルを存分に感じさせたPEDROだった。
PEDRO
ブルーの照明を浴びさっそうと現れた神はサイコロを振らないは、「最高の一日にします!」(柳田周作/Vo、以下同)との宣言のもと、「クロノグラフ彗星」からライブをスタート。伸びやかな歌声をHatchの高い天井に気持ち良く響かせ、フック満載のギターリフが先導する「パーフェクト・ルーキーズ」でも、ライブでしっかり研磨されてきたパフォーマンスで高揚感を頂点にまで引き上げる。「大阪の皆さん、踊れますか!?」と始まった「揺らめいて候」では、降り注ぐ深紅の光もろとも艶やかな歌声とエッジィなサウンドでオーディエンスを完全包囲。わずか3曲でまるでワンマンという空気に変えたライブ巧者ぶりと楽曲の良さには目を見張るばかりだ。
神はサイコロを振らない
「『GM+』、無事に迎えることができました。皆さんが全身を使って楽しんでる感じが……こういう景色を見ると、本当にライブは良いものだなと思います。今日は来てくれてありがとうございます! アユニ・Dさんとの初めての出会いが今回リリースした「初恋」という作品なんですけど、一緒に歌を作ることができて本当に良かったです。今日も後ろでライブを見てて、めっちゃ良いバンドだなって感動してました。「初恋」は……今日やるかは分からないですけどね(笑)。もちろん、初恋もいいですけど、僕はPEDROですごく好きな曲があって、相手の楽曲をカバーするみたいなツーマンならではのことを、僭越ながらやらせてもらいたいと思います!」
神はサイコロを振らない
大きな拍手が巻き起こったカバー曲は、先ほどPEDROも披露した「生活革命」。本家とはまた異なる味わいが添えられた切なき名曲が、じんわりと胸に沁みわたっていく。その言葉から、音から、神サイというバンドの誠実さが伝わってくるかのよう。そのまま「夏らしい曲を歌います」と続けた「泡沫花火」でも、胸を締め付けるようなメロディが心を侵食。神サイのメロウサイドに心地良く落ちていく。
神はサイコロを振らない
「さぁ皆さん、夏なのでたくさん恋をしていきましょう!」と促した「1on1」は、アッパーなサマーチューン。とは言え、どんなBPMやアレンジであろうとどこか抒情的なのが神サイのDNAとも言うべき真髄で、「ジュブナイルに捧ぐ」でもそのセオリーを裏切らないグッドミュージックを聴かせていく。「僕らの音楽が、PERDOの音楽が、皆さんの生きる光になれたら」との願いが、いずれかなうことを確信させるようなシーンの連続で、「夜永唄」でもより深く、美しいサウンドスケープで魅了する。
神はサイコロを振らない
「僕らは福岡で結成したロックバンドです。上京もしたんですけどうまくいくことばかりではなくて、この4人でいっぱいケンカもしたし、いっぱい笑ったし、泣くのは……僕ぐらいしかいないんですけど(笑)。その中で、今までは4人だけの船だったのが、去年くらいから少しずつチームになって、「初恋」でアユニ・Dさん、ヨルシカn-buna(Gt.コンポーザー)さんという偉大なアーティストと一緒に楽曲を作れたのは、ちょっと前までは考えもできなかったことで。本当にいろんな方からパワーをもらって、そしてイベンターさんはじめ、メディア、プレイガイドの皆さんの力もあって、今日の『GM+』というイベントが実現してます。そして何より、皆さんがちゃんとルールを守ってライブを楽しんでくれてるから、僕らも、PEDROも、音楽ができてます。神サイとPEDROの成長を、ずっとそばで見守ってほしいと思います。時間は有限だからこそ、その一瞬一瞬をかみしめながら日々を生きてください。皆さんの未来に光がありますように。僕らは決して一人じゃない。共にこの時代を生き抜いていきましょう!」
神はサイコロを振らない
壮大なスケールで想いを鳴らした「未来永劫」に続き、「皆さんホントにありがとうございました! 力を貸してくれませんでしょうか!?」と、「巡る巡る」ではクラップ&ジャンプが巻き起こる絶景のフィナーレを創出。そんなライブはもちろん、「PEDROにも大きな拍手を!」と常に対バン相手とそのファンを敬い、共に一日を作ろうとする神サイのスタンスにほれ直した人もきっと多かったことだろう。
本編を終え、神サイメンバーが再びステージへ。「アンコールありがとうございます! でも、こんなにあからさまなセットある?(笑)」と、ステージに新たに設置されたマイクを横目に、拍手でアユニ・Dを呼び込む神サイ。そして、レコーディング時の感謝を告げ互いに頭を下げ、どこまでも下手に回り合った2組により(笑)、焦らしに焦らしたうれしい予定調和となる「初恋」で待望の生コラボが実現。これには満場の観客も思わず引き込まれる。最後の最後まで、両者の魅力を行き来するような理想的で刺激的な共演となった『GM+』だった。
『GM+』
取材・文=奥“ボウイ”昌史 撮影=ハヤシマコ

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着