エクスペリメンタルロックの
ひとつの完成形となった
ヘンリー・カウの名盤『不安』

本作『不安』について

そして74年、2ndアルバムとなる本作『不安』がリリースされる。ジャケットの靴下デザインは、前作同様レイ・スミスが担当している(靴下は『傾向賛美(原題:In Praise of Learning /旧邦題:イン・プレイズ・オブ・ラーニング)』(’75)でも使われるので、靴下3部作と呼ばれる)。このアルバムではジェフ・レイが抜け、女性の管楽器奏者リンジー・クーパーが新たに参加している。

収録曲は全部で8曲。前半の4曲は譜面に書かれた作曲で、後半の4曲はスタジオに入ってから即興で組み立てられている。これは最初から考えられたものではなく、曲作りがアルバム制作までに間に合わなかったという単純な理由なのだが、結果的にヘンリー・カウの即興性がしっかりと味わえる仕上がりになっており、その完成度はとても高い。

いろいろな要素を詰め込みすぎて雑然としていた感のある前作と比べると、構成はより複雑に、演奏はよりシンプルになっている。冒頭の変拍子ファンク「ウルムを覆うサンカノゴイ鳥の急襲(原題:Bittern Storm Over Ulm)」での高テンション、続く美しい「半眠半醒(原題:Half Asleep; Half Awake)」のドラマ性、12分以上にもおよぶ圧倒的な名曲「廃墟(原題:Ruins)」など、複雑な構成の曲は少なくないが、何度聴いても新たな発見がある。後半のスタジオでの即興部分も、彼らのフリーインプロバイザーとしての面目躍如たる名演揃いで、緊張感に満ちた仕上がりになっている。彼らの音楽が、本作以降のロックやジャズにもたらした影響は計りしれない。

TEXT:河崎直人

アルバム『Unrest』1974年発表作品
    • <収録曲>
    • 1. ウルムを覆うサンカノゴイ鳥の急襲/Bittern Storm Over Ulm
    • 2. 半眠半醒/Half Asleep; Half Awake
    • 3. 廃墟/Ruins
    • 4. 厳粛な音楽/Solemn Music
    • 5. リンガフォニー/Linguaphonie
    • 6. ホテル・アドロンに足踏み入れて/Upon Entering the Hotel Adlon
    • 7. 拱廊/Arcades
    • 8. 氾濫/Deluge
    • 9. 手袋/The Glove (Unrest ESD version bonus)*
    • 10. たいまつ/Torchfire (Unrest ESD version bonus)*
    • 11. 序章/Introduction (The 40th Anniversary Box Set version)*
    • 12. 廃墟I/Ruins I (The 40th Anniversary Box Set version) *
    • 13. 半眠半醒/Half Asleep; Half Awake (The 40th Anniversary Box Set version) *
    • 14. 廃墟 II/Ruins II (The 40th Anniversary Box Set version) (0:59) *
    • 15. ハンブルクを覆うサギの大群/Heron Shower over Hamburg (The 40th Anniversary Box Set version (2:29) *
    • *ボーナス・トラック
『Unrest』(’74)/Henry Cow

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着