「半妖の夜叉姫 弐の章」麒麟丸の娘
りおん役に藤田咲 PV、キービジュア
ルなども公開

(c)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020 10月2日から放送を開始する「半妖の夜叉姫 弐の章」に藤田咲の出演が決定。あわせて、プロモーションビデオとキービジュアルも公開された。また、エンディング主題歌を女性ボーカルグループ「Little Glee Monster」が担当することも決定した。
 「半妖の夜叉姫」では、高橋留美子氏の人気漫画「犬夜叉」の登場人物である殺生丸の娘・とわとせつな、犬夜叉とかごめの娘もろはら、半妖の少女たちの活躍を描く。アニメ「犬夜叉」シリーズを手がけたスタッフが再結集し、高橋氏自らメインキャラクターデザインを手がけた「壱の章」が2020年10月~21年3月に放送された。「弐の章」では、「壱の章」の最終局面で麒麟丸に倒されてしまったせつなの生命を取り戻すべく、とわが父・殺生丸から渡された癒やしの刀“天生牙”を使おうとするが、その刃は折られてしまっていた。
りおん(CV:藤田咲)(c)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020 藤田は、600年前から産霊山(むすびやま)の結界の中に封じ込められている、麒麟丸の娘りおんを演じる。夜叉姫たちとの出会いによって、大きく運命が動くという役どころで、藤田は「『犬夜叉』を家族で観ていた自分は、オーディションのお話をいただけただけでもうれしかったのですが……りおんを任せていただけたことに感謝しかないです」と語っている。
 PVは「弐の章」の新規映像で構成。りおんから新たな力を託されるとわの姿や、殺生丸や犬夜叉、かごめの登場シーンなどが収録されている。同章では夜叉姫の本当の使命と、すべての謎が明かされるという。また、メインキャラクターが集結したキービジュアルにも、中央にりおんの姿が描かれており、重要な役割を果たすキャラクターであることがわかる。
 エンディング主題歌アーティストに決まった「Little Glee Monster」のMAYUは、小さなころにテレビで「犬夜叉」を見ていたとそうで、「そんな歴史あるアニメの世界観を受け継ぐ『半妖の夜叉姫』のエンディングテーマを担当させていただくことになり、とてもうれしく思います」と起用を喜んだ。
 そのほか、放送に向けてとわ役の松本沙羅、せつな役の小松未可子、もろは役の田所あずさ、「弐の章」から新たに監督を務める菱田正和、メインキャラクターデザインも務める原作者・高橋氏からのコメントも公開された。全文は以下に掲載。
【藤田咲(りおん役)】
 りおん役が決まったと聞いた時は身が引き締まる思いでした。『犬夜叉』を家族で観ていた自分は、オーディションのお話をいただけただけでもうれしかったのですが……りおんを任せていただけたことに感謝しかないです。私らしくりおんを演じ、シリーズの出演者の皆様、スタッフの皆様と共に盛り上げていけたらと思います。精一杯頑張りますので、ぜひ応援よろしくお願いいたします。
【松本沙羅(日暮とわ役)】
 『半妖の夜叉姫』弐の章がついに始まります。多くの謎が残ったまま一度作品と離れなくてはいけなくなってしまったのは、私自身も一視聴者として寂しかったですし、「早く続きを!」と心の底から願っていました(笑)。気になる展開のその先、夜叉姫達が、犬夜叉達がどうなるのか、引き続き皆様に見守っていただければ幸いです。ひとりひとりの心の奥底に、より深く触れるエピソードがある……はず!(笑)。どうぞよろしくお願い致します!
【小松未可子(せつな役)】
 「壱の章」では衝撃的な最終回を迎えました。せつなの死と引き換えに得られた安らかな眠り。最後にやっと「とわ姉ちゃん」と呼べたのに……雨の降りしきる中で、とわへ託された殺生丸からの唯一の希望。とわの試練がまたここから始まります。麒麟丸との因縁、母親であるりんの命、犬夜叉とかごめの行く末、そして娘たちの切り開く運命はいかに……!? 「弐の章」もますます目が離せない展開です! どうぞお楽しみに!
【田所あずさ(もろは役)】
 衝撃的な終わり方をしてしまった「壱の章」! もろはちゃんたちも自分の弱さを痛感したできごとだったと思います。それを経てどう成長していくのか、「弐の章」も引き続き見守っていただけたらうれしいです! それからもろはちゃんの可愛らしさもパワーアップしておりますので、楽しみに待っていてくださいね~! 私もより生き生きと感じてもらえるよう精一杯演じさせていただきます! よろしくお願いします!
【MAYU(Little Glee Monster)】
 私たちが小さいころに放送されていた「犬夜叉」は、よくテレビで観ていました。幼稚園の時から触れていたそんな歴史あるアニメの世界観を受け継ぐ「半妖の夜叉姫」のエンディングテーマを担当させていただくことになり、とてもうれしく思います。
 この機会をいただいて改めて「犬夜叉」を読み返しながら楽曲を制作しています。「壱の章」のラストの衝撃が「弐の章」でどうなるのか、私たちも一緒にアニメを楽しみに観たいと思います。
【菱田正和(監督)】
 佐藤照雄監督の後を受け、「半妖の夜叉姫 弐の章」で監督を拝命することになった菱田と申します。「半妖の夜叉姫」の原点となっている「犬夜叉」は、僕にとって出身であるサンライズで初めて演出デビューした思い出深い作品であり、アニメ演出家として育ててくれた作品でもあります。今回の様々な巡り合わせに関しては、どこか運命的な、なにか宿命的な縁(えにし)の糸を感じております。ファンの皆様に少しでも恩返しできるように頑張りたいと思います。どうかよろしくお願いします。
【高橋留美子(原作・メインキャラクターデザイン)】※直筆コメント
(c)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着