STU48薮下楓 卒業コンサート前にリー
ダーを務める「MiKER!」公演披露

2017年3⽉31⽇瀬⼾内を活動の拠点として誕⽣したSTU48の1期⽣としてアイドル活動を始めた薮下楓。6枚のシングルリリース、握⼿会、課外ユニット活動、船上劇場公演など、さまざまな活動を経て、2021年4⽉16⽇にライブ配信サービス「SHOWROOM」の配信内で卒業を発表。

卒業コンサート前には、薮下 楓がリーダーを務める課外活動ユニット「MiKER!」(課外活動ユニット「MiKER!(読み:マイカー)
の公演を実施。薮下をリーダーに沖 侑果・甲斐⼼愛・信濃宙花・瀧野由美⼦・⽮野帆夏の6名が所属するユニット。瀬⼾内で活動するスポーツチームをMC⼒で盛り上げる!をコンセプトに結成された。

「MiKER!」公演は、コメディたっぷりの⼨劇からスタート。⼨劇では今後の「MiKER!」リーダーは誰が務めるかで揉めるメンバー
たちの姿が。仲裁に⼊る薮下が「これからのMiKER!⼼配すぎてオーマイガー!!」と叫ぶと『オーマイガー』がスタート。

MiKER!らしい⼨劇からの落ちをつけた1曲⽬がスタートすると『RUN RUN RUN』『夢⼒』『しぇからしか』と全員でのパフォーマンスを4曲続けて披露。MCでは、各メンバーが元気よく挨拶し、集合写真の撮影タイムに。今回の公演を楽しもうと会場が⼀体となった。

その後は『⽣意気リップス』『炎上路線』『わがままな流れ星』『スキャンダラスに⾏こう』『友達』とメンバーを分けてのユニット曲を5曲続けて披露し、『#好きなんだ』を全員で披露。

その後のMCでは、⼨劇にもあった次のユニットリーダーは誰になるのか、という話題に。すると、薮下から「リーダー代理もやってくれていたし、頼れる」ということで、⽮野帆夏を指名。ユニットの将来に期待を込めた。

その後は、『春の光、近づいた夏』『2⼈乗りの⾃転⾞』『抱きしめちゃいけない』『オネストマン』『アイシテラブル』を披露。ユニットメンバーからの「やぶしたふう、愛してる!」というサプライズのコールに、薮下も公演は⼀旦終了。

そして、観客の⼿拍⼦でアンコールが始まり、『GIVE ME FIVE』でメンバー全員が再登場。『好きになれただけで幸せだ』『⼀杯の⽔』と3曲続けて披露。MCでは、⽮野「このメンバーでの公演は今回がラストでしたが、いつも通りのMiKER!が⼤好きなので、いつものMiKER!公演を楽しみました。」とコメント。沖は「1年前に新しくできたユニットとは思えないくらい息の合ったユニットで、これからもこの6⼈でいると思って、頑張っていきたいなと思いました。」と今後の意気込みを語った。

甲斐からは「最後にリーダーの薮下にユニットメンバーで感謝の気持ちを叫びたい」という提案があり、「リーダーありがとう!」とメンバー全員で声を上げました。薮下からは、「MiKER!のMCは毎回話がそれるけど、そういうところが魅⼒だし、公演をやっていて楽しかったです。メンバー5⼈にも助けられたし、MiKER!がこの6⼈でよかったです。今回もリハーサルから最後まで終始楽しかった公演でした。今⽇はコロナ禍でも⾜を運んでくれた⽅も、配信で⾒てくれてる⽅にも感謝です。この6⼈で過ごした時間はこれからもずっとずっと忘れません。本当に⼤切な仲間に出会えて幸せです。ありがとうございました。」とコメントし、ラストに『ずっとずっと』を披露。最後は、薮下が「これからもMiKERのことよろしくお願いいたします!」とあいさつをして、終演となった。
(C) STU

(C) STU

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着