郷ひろみ、auスマートパスにて2000年
代楽曲を紹介する特集企画公開

郷ひろみが、auスマートパスプレミアムにて特集「50周年イヤーに突入!ポップスシンガー郷ひろみの楽曲を紐解く」の第2回を公開した。

第2回では「2000年から2020年代編」と題し、2000年代から現在に至るまでの近年の楽曲の中から、2001年11月発売のシングル『この世界のどこかに』や2021年8月にリリースされた両A面シングル『100GO!回の確信犯/狐火』を含む7曲をセレクトし紹介していく。

1972年8月に『男の子女の子』で歌手デビューした郷は、瞬く間にスターとなり、日本の音楽シーンを席巻。順調すぎる活躍の裏では、イメージ通りに歌えない、踊れないという葛藤を抱えていたという。今後も“郷ひろみ”としてステージに立ち続けたいという強い決意を胸に、彼は2001年に芸能活動を休止し渡米。シンガーとして自身に足りない点を補おうと、ボイストレーニングに励んだ。3年後の2005年、郷は現地でレコーディングを行ったシングル曲「愛より速く」で活動を再開。その後、CDリリースや全国ツアーを精力的に重ね、デビュー50周年イヤーの幕開けを飾る『100GO!回の確信犯/狐火』でシングル106枚を数える。

auスマートパスプレミアム「50周年
イヤーに突入!ポップスシンガー
郷ひろみの楽曲を紐解く」特集

内容:郷ひろみの特集企画。コラム形式の楽曲紹介、プレイリスト公開、楽曲にまつわる逸話も紹介します。
期間:2021年8月10日(火)10:00〜
対象ユーザー:どなたでもご覧いただけます。

関連リンク

アーティスト

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

新着