アーティスト写真上から 晨(Ba&Cho)、みっちー(Vo&Gu)、ジョン=エブリバディ(Dr&Cho)

アーティスト写真上から 晨(Ba&Cho)、みっちー(Vo&Gu)、ジョン=エブリバディ(Dr&Cho)

【シンガロンパレード
インタビュー】
ひとりでライヴハウスに
来ている人を応援したい

自分らがノれて、
歌えるっていうのが大事

歌メロなんですけど、これは“今回も”と言うべきでしょうが、どの曲もとてもキャッチーですよね? 先ほど晨さんはベースプレイに関しては“素直の出てくるものを出した”とおっしゃっていましたが、今回のアルバムでのメロディー制作においては、みっちーさんはどんな感じで臨まれたんですか?

みっちー
自分たちがとりあえず路頭に迷わないために“バンドとしてどこを目指そうか?”となって、一個目標を設定しようとした時に、最初に目指したのはレーベルの先輩である鶴やったんです。で、Soul Mate Recordに入ってから、自分の中ではどんどん違うところに目が向くようになっていって、鶴になってもしゃあないし、多分なれへんし…と。というのも、僕が書く曲もそうですし、自分が言ってることを考えても、鶴と同じバンドになっても意味がないとどこかで思うようになって。そのへんから軌道修正して、自分が目指すところの延長線上、その途中くらいにいてはると思ったのがTRICERATOPSだったんですよ。3ピースバンドとしてのかたち…そこが目標ではないですけど、ステレオタイプを作ってくれている先輩として、TRICERATOPSがいると感じて。そこは、特にジョンくんと“そうよね?”みたいな確認はとれたんですね。今作で例を挙げるとすると、「アラヤダマタダ」という曲があるんですけど、だいぶそこに意識を置いて作ったところはあります。

「アラヤダマタダ」はアラビア音階を使ったナンバーで、個人的にはアルバム内では異質な印象があったんですけど、みなさんの中ではこの曲こそが3ピースバンドとしての目指すところのひとつのかたちなんですね。

みっちー
そうですね。同期を使わない限り、一回で鳴らせるビートの種類にどうしても限界があるバンドなんで。和田 唱さんがよく使う、ギターで違うビートを鳴らしながらメロディーを…という。で、そこはもっと多用していかないといけないと思って、あの曲はそこからでした。

なるほど。ギターがヴォーカルの主旋律とは違うことをやってますが、その絡み合いということですね。

みっちー
はい。全部の曲がそうというわけではないんですけど、ある程度、バリエーションをつけていきたいと思っている時に、あの曲がアルバムの途中でバシッといてくれることで、いきなり違った世界観にジャンプできたので。やっぱりね、僕、何曲も書いてみて思ったのは、そもそも全部が空想でできてる曲が好きなんだなと。

空想…ですか?

みっちー
はい。現実のことを言ってるんですけど、一から十まで史実になぞらえて書くというよりは、形容を形容して…みたいな、すごく回りくどく言う歌詞が…
ジョン
フィクションという。
みっちー
そうそう、フィクション。ノンフィクションな内容でもフィクションっぽく言っちゃうのが結構好きで、端的に言っちゃうと詩的な表現になっちゃうんですけど、抽象的な表現が昔から好きだというところもあって、「アラヤダマタダ」の歌詞を書いている時もすごく楽しかったんですよね。

「アラヤダマタダ」の歌詞は幻想的と言いますか、ストレートに言えば、魔性系ラブソングといった感じですもんね。キャッチーさというところに話を戻すと、ビートは身体を揺らすようなタイプで、メロディーは口ずさめるようなものであって、シンガロンパレードはロックバンドとしてあまりにも真っ当なことをやっているという印象が強いです。

みっちー
自分らがノれることが一番大事なんです。

お客さんを乗せるというよりも、まずは3人で盛り上がることが大事かなと?

ジョン
はい。自分らがノれて、なおかつ自分らが歌えるというのは結構大事なところではあります。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」