深田恭子主演『劇場版 ルパンの娘』
主題歌はサカナクション書き下ろしの
新曲に決定 謎の敵・JOKERの登場も
明らかに

10月15日(金)公開の映画『劇場版 ルパンの娘』から、本ポスタービジュアルと主題歌情報が解禁された。
『ルパンの娘』は、横関⼤氏の同名⼩説を原作に、深⽥恭⼦演じる泥棒⼀家“Lの⼀族”の娘・三雲華と、瀬⼾康史演じる警察⼀家の息⼦・桜庭和⾺の恋を描いた作品。2019年7⽉よりドラマ第1シリーズが放送され、2020年10月から始まった第2シリーズが本日12⽉3⽇の第8話で最終回を迎えた。テレビシリーズの続編にして、最終章となる『劇場版 ルパンの娘』では、主演の深⽥恭⼦のほか、瀬⼾康史、橋本環奈、⼩沢真珠、栗原類、どんぐり、⼩畑乃々、藤岡弘(特別出演)、⼤貫勇輔、信太昌之、マルシア、我修院達也、麿⾚兒、渡部篤郎、市村正親、太田莉菜らが続投。映画『テルマエ・ロマエ』シリーズを⼿掛けた武内英樹監督が演出、TVドラマ『僕たちがやりました』や『グッド・ドクター』などの徳永友⼀氏が脚本を手がける。物語の舞台となるのは、異国の地“ディーベンブルク王国”。ある日Lの一族の父・尊(渡部篤郎)が突然「泥棒引退」を宣言し、華と和馬に同国への新婚旅行をプレゼントするが、本当の目的は王国に眠る史上最大の宝だった。やがて、華は自身も知らない一族最大の謎に迫る。

今回解禁となったのは「家族の絆は盗めない。」とのコピーとともに、登場人物たちが勢ぞろいしたビジュアル。三雲華(深田恭子)を中心に、Lの一族や北条美雲(橋本環奈)らがシリアスな表情で並んでいる。また、背後には、一族の前に立ちはだかる謎の敵・通称「JOKER」の姿も。その手には、ナイフのような凶器が握られている。
また、ドラマに引き続き、サカナクションが劇場版の主題歌を担当することが明らかに。サカナクションは、プロットや完成前の本編映像を見ながら、劇場版のための新たな楽曲を書き下ろしたとのこと。
『劇場版 ルパンの娘』は10月15日(金)全国ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着