牧阿佐美バレヱ団、ローラン・プティ
没後10年に寄せて『アルルの女』『デ
ューク・エリントン・バレエ』の2作
品を上演

2021年10月9日(土)・10日(日)新宿文化センター 大ホールにて、牧阿佐美バレヱ団が『ローラン・プティの夕べ』と題して、『アルルの女』と『デューク・エリントン・バレエ』の2作品を上演する。振付家ローラン・プティ没後10年を迎える今年、久しぶりの上演となる両作品に新たなキャストを配し、その振付の魅力を届ける。
青山季可(ヴィヴェット)&水井駿介(フレデリ)(9日出演ペア)
光永百花(ヴィヴェット)&清瀧千晴(フレデリ)(10日出演ペア)
ローラン・プティは、ピカソ、ジャン・コクトー、イヴ・サンローランら同時代の多くの芸術家たちとともに、バレエ史に残る数々の名作を生み出した、20世紀を代表するバレエ振付家。代表作『カルメン』『ノートルダム・ド・パリ』『若者と死』など、エスプリに満ち洗練された振付で一世を風靡し、その活躍はパリのレビューやアメリカのミュージカル映画にも及ぶ。牧阿佐美バレヱ団は『アルルの女』(1996)にて日本のバレエ団として初めてプティ作品の上演。以来、多くの作品を通じてプティとの交流を深め、2001年には牧阿佐美バレヱ団で新作『デューク・エリントン・バレエ』が振り付けられた。
「アルルの女」(撮影:山廣康夫) 
濃密なドラマを鮮やかに描き出す『アルルの女』は、南仏プロヴァンス地方を舞台にしたドーデの短編小説集『風車小屋だより』に収録されている悲劇の物語が題材。アルルはゴッホが名作を生み出した町でもあり、舞台装置はゴッホの『麦を刈る人のいる麦畑』にインスピレーションを得ている。音楽は『カルメン』で知られるビゼーの名曲。物語は村の若者フレデリと娘ヴィヴェットの婚礼パーティーから始まる。友人たちの祝福を受ける二人だが、祝宴のさなかフレデリの心に浮かぶのは、忘れると誓ったはずの女、アルルの野外競技場で出会ったレースの衣装の女。フレデリの心を取り戻そうと踊るヴィヴェットと友人たち。幻の女に心を奪われたまま、ひとり妄執と闘うフレデリ。もはや初夜は通夜になろうとしている……。人々の陽気な祝宴と、二人の若者の苦しみ、悲しみの対比が、悲劇をより絶望的なものとして描き出す。
「デューク・エリントン・バレエ」It don't mean a thing(If ain't got that swing)(撮影:鹿摩隆司)
「デューク・エリントン・バレエ」Caravan(撮影:鹿摩隆司)
デューク・エリントンのジャズを愛したプティが、2001年、牧阿佐美バレヱ団の創立45周年を記念して制作した『デューク・エリントン・バレエ』は、ジャズと自由に戯れながら味わい深い情景が次々と展開し、観客の想像力を刺激するクールな舞台。2008年にはスペイン8都市13公演のツアーでも大きな成功を収めた。
森英恵デザインによるピンクのサテンドレスを身に纏った女性たちと、ストライプ柄のパンツの男性たちが踊る『 In a Sentimental Mood/Mr.Gentle and Mr.Cool』、鮮やかな赤いドレスの『 Ad Lib on Nippon』など、スタイリッシュなファッションも楽しい作品だ。
「デューク・エリントン・バレエ」 In a Sentimental Mood. Mr. Gentle and Mr. Cool(撮影:鹿摩隆司)
「デューク・エリントン・バレエ」Ad Lib on Nippon(撮影:鹿摩隆司)
使用される音源は、エリントン円熟の1950~60年代のスタジオ録音や、エリントンと人気ミュージシャンが演奏するライブ録音から、プティ自らが選んだお気に入りの作品群。ミュージシャンの熱演に拍手をおくる当時の観客たちの熱狂、エリントンの弾む声とスイングするピアノ演奏、そして、プティの軽やかな振付を踊るダンサーたちの輝きが時空を超えて一つになり、音楽とダンスのパワーが炸裂。客席も一体となるスイングを楽しみたい。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着