ASIAN KUNG-FU GENERATION「ソラニン」歌詞の意味は?青春の切なさを感じるアジカンの名曲を考察!

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ソラニン」歌詞の意味は?青春の切なさを感じるアジカンの名曲を考察!

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ソラニン
」歌詞の意味は?青春の切なさを感じ
るアジカンの名曲を考察!

THE FIRST TAKEで歌唱され話題の『ソラニン』

ASIAN KUNG-FU GENERATION - ソラニン / THE FIRST TAKE
結成25周年を迎えた人気ロックバンド・ASIAN KUNG-FU GENERATIONが参加した「THE FIRST TAKE」のパフォーマンスが話題となっています。
歌唱曲に選ばれたのは、アジカンの楽曲の中でも根強い人気を誇り、2021年に入って多くの海外ファンもカバーした『ソラニン』です。
この楽曲は浅野いにおの同名人気漫画原作の実写映画『ソラニン』の主題歌として、映画ファンにも愛されている名曲。
宮崎あおい演じるしがないOLの芽衣子と、高良健吾演じる音楽での成功を諦められないフリーターの種田やバンド仲間との関係を中心にストーリーが展開していきます。
夢を追うことや挫折、別れを描く青春バンドストーリーをより感動的に引き立てていますよ。
漫画の作中で種田が綴ったとされる歌詞を元にアジカンが作曲し、映画内では宮崎あおいがギターを弾きながら初々しく熱唱する姿も話題となりました。
漫画家・浅野いにおの作詞でありながら、懐かしさを感じるサウンドによってアジカンらしい雰囲気が出ています。
ソラニン 歌詞 「ASIAN KUNG-FU GENERATION」
https://utaten.com/lyric/jb71003091
人生には夢に近づいたように思えたり、幸せな将来を掴んだように思えたりする瞬間が訪れるものです。
しかし、思い違いというすれ違いによって大切な人と別れることになったり、夢を諦めて手放すことを経験したりと「さよならだけの人生」に感じることも多いでしょう。
「さよならなんだ」というストレートな別れの言葉に、種田の葛藤と青春の切なさがにじむ歌詞です。
「ソラニン」が意味するもの

ソラニン 歌詞 「ASIAN KUNG-FU GENERATION」
https://utaten.com/lyric/jb71003091
ここで描かれるのは時間の儚さ。
かつて自分が住んでいた部屋には今では別の人が住んでいるように、時間が経てば環境も日常も変わってしまいます。
大切な人からの「ひどい言葉」や退屈で「無駄な気がした毎日」は、当時は何気ないものに思えていた。
でも、あとになって思い出すとかけがえのない時間だったことに気づくことがあるでしょう。
「あの時こうしていれば あの日に戻れれば」とどれほど後悔しても、もうその頃の自分に戻ることはできません。
ソラニン 歌詞 「ASIAN KUNG-FU GENERATION」
https://utaten.com/lyric/jb71003091
作品タイトルと楽曲名にもなっている「ソラニン」とは、ジャガイモの芽の中に含まれる毒のことです。
「悪い種が芽を出す」という言葉も、このソラニンのことを表現しています。
日々をひたすら生きていると「ゆるい幸せがだらっと」続いていると思うことがあるかもしれません。
傍から見れば幸せな人生だけれど、そんな日常が続くとぬるま湯に使っているかのように、その幸せをあって当たり前のものと感じてしまいます。
そうなると悪い感情や消極的な見方が顔を出し、大切な人との関係も壊してしまうでしょう。
ソラニンは毒なので悪いものに思えますが、実はジャガイモの成長に欠かせないものでもあります。
つまり、いつか抱いてしまった悪い感情も失敗も引っくるめて、過去の自分のすべては人生において大事なもの。
そして、その存在を認めながら自分の弱さと決別することが、人として成長するために大切なことなのです。
別れも大切にして前向きに生きよう

ソラニン 歌詞 「ASIAN KUNG-FU GENERATION」
https://utaten.com/lyric/jb71003091
寒い冬に体が冷えると分かっていながら「冷えた缶コーヒー」を一緒に飲んだあの日。
プレゼントしてくれたけれど趣味には合わない少し派手な「虹色の長いマフラー」。
そんな愛する恋人と過ごした些細だけど、貴重な思い出を主人公は振り返ります。
もう手に入らない大切な時間を思えば寂しさが込み上げますが「小走りで路地裏を抜けて」というフレーズに、前向きな気持ちが表れていますね。
過去を思ってただ悲しむのではなく、別れを受け止めて前進して行こうとする心情が垣間見えます。
ソラニン 歌詞 「ASIAN KUNG-FU GENERATION」
https://utaten.com/lyric/jb71003091
そして、二人にとって別れることが必要なら「それもいいさ」と歌います。
別々の道を歩むとしても、互いに決めた道で頑張っていこうという気持ちを言葉少なに伝える歌詞に、主人公の不器用さが感じられますね。
それはどう生きるかを悩んだ青春時代のもどかしさと重なり、ポジティブなメッセージが余計に心に響くのではないでしょうか。
これから先どうなるかは分からないけれど「どーにかやるさ」というあっけらかんとした言葉に、吹っ切れたような爽やかなイメージが伝わってきます。
「ソラニン」は青春時代が蘇る名曲

『ソラニン』は別れの切なさと未来を見つめる前向きな気持ちが表現された楽曲です。
この曲を聴くと色褪せない青春時代の記憶が蘇るという人は多いのではないでしょうか。
世界に認められる人気バンド・アジカンの歌唱と、映画の主人公の芽衣子として歌う宮崎あおいの歌唱とでは、一味違った印象がありどちらも魅力的です。
映画のストーリーと合わせて、歌詞に込められた意味を味わってみてください。

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着