加山雄三 YouTubeチャンネル『バーチャル若大将』

加山雄三 YouTubeチャンネル『バーチャル若大将』

加山雄三、
YouTubeチャンネル
『バーチャル若大将』を開設

加山雄三(84)自らの発案で、AI技術を駆使して生まれた“バーチャル若大将”。8月22日の24時間テレビ44の生放送で初お披露目となったが、同日からYouTubeチャンネル『バーチャル若大将』を開設し、さっそく本格的な活動を開始する。

2020年8月、脳内で出血が起きる小脳出血を起こし救急搬送された加山。一命を取り留めたが、言葉がうまく話せなくなるなどの後遺症が残り、芸能活動の一時中止を余儀なくされた。懸命のリハビリで2021年4月、歌手活動を再開できるまでの復活を遂げたが、病と闘う中で、この画期的な取り組みが秘密裏に進行していた。それが、最新のAI技術で自分の話す声や歌声、映像によって、加山をバーチャルヒューマン“バーチャル若大将”として後世に残すプロジェクトだ。84歳となった今も、常に新しいモノが大好きな加山らしい発想が生んだ、世界でも類をみない新しい取り組みに是非注目してもらいたい。

YouTubeチャンネル『バーチャル若大将』では、AIが生成した歌声で、まずは2020年12月に出したアルバム『DEDICATED to KAYAMA YUZO』に参加してくれたアーティスト達に感謝を込めて、その代表曲をカバーしていく。記念すべき1曲目は、現在でも加山の新曲の作詞を担当している、つんく♂が歌うシャ乱Qの代表曲「シングルベッド」を加山本人がディレクションを務め制作したバーチャル若大将の歌唱で完成した。

今後も加山雄三とバーチャル若大将が繰り出す画期的なアイディアと活動に注目だ。

YouTubeチャンネル
『バーチャル若大将』

アルバム『DEDICATED to KAYAMA YUZO』2020年12月2日発売
加山雄三 YouTubeチャンネル『バーチャル若大将』
加山雄三 YouTubeチャンネル『バーチャル若大将』
加山雄三
アルバム『DEDICATED to KAYAMA YUZO』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着