パブリックインベーダーが秘める、楽
曲の魅力を増すスパイス

隠し味に一癖を

など、もはやアーティストが“顔出しをしない”という選択をすることは珍しくなくなった。2020年に行われた『murffin discs Audition 2020』にてグランプリを獲得した
も、多くが謎に包まれている2人組ユニットだ。
掲示板でのメンバー募集をきっかけに出会い、活動を開始したパブリックインベーダー。当初はバンド編成で動いていく予定だったが、コロナの影響もあり現在のスタイルをとることとなった。彼らの楽曲は、アップルパイに香るシナモンのように一癖あるのが特徴だ。どこか違和感が残る音の重ねかたをしたり、予想だにしなかった展開をいれこんだり。スパイスをふりかけ、より1曲1曲を美味しく仕上げていくのである。
先日配信が開始された「Virus」は、現在の社会情勢を切り取ったトゲトゲしさのあるナンバー。ポップさの裏に潜むカオス感には、一筋縄にはいかない彼ららしさを感じずにはいられない。聴けば聴くほど面白さに出会える1曲だ。

パブリックインベーダー アーティストページ

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着