高岩遼、2ndソロ・アルバム『Mood I
ndigo』リリース セルフ・プロデュ
ース & ミニマム編成で制作

Photo by Shoichi Aoyama

ミュージシャン、高岩遼が2ndソロ・アルバム『Mood Indigo』を8月27日(金)にリリースする。

ヒップホップ・チームSANABAGUN.、ロックンロール・バンドTHE THROTTLEのフロントマンとして活躍しているほか、13人の表現者集団・SWINGERZの座長としても活動する高岩遼。今作は〈TOKA〉のYaffleとタッグを組み、フル・ビッグバンドで収録した1stアルバム『10』以来、およそ3年ぶりのソロ・アルバム。合計3部作となる今回のプロジェクトは、“誰か”のためのサウンドトラック集であり、ジャズ・ボーカル高岩遼としての本格的な現代ジャズ・アルバムだという。
物悲しいバーカウンターから始まるという第1作目『Mood Indigo』は、まるでフランス映画のような憂鬱さ、喉元が熱くなるウィスキーの香り、虚無感が同居するブルージィな一枚。オール・プロデュースド・バイ・高岩遼、またオールD.I.Yで制作され、お馴染のブラザーたちも多く参戦し、皮肉や遊びも盛り沢山とのこと。31歳を迎えさらに光沢さに磨きがかかる高岩遼のクルーナー・ボイスとスタンダード、独特な世界観が濃縮された王道的且つアブストラクトな数分間を体験できるという。

【高岩遼 コメント】

今回はとてもミニマムな編成で、JAZZと自分の声、映画世界を詰めました。ブルースピアノもプレイしてます。一年前から制作を始めましたが本腰入れたのは一ヶ月前(笑) 間に合いました。電気を消して、お酒を呑みながら聴いてやってください。あなたと私のムード・インディゴ。


【リリース情報】

高岩遼 『Mood Indigo』

Release Date:2021.08.27 (Fri.)*
Label:株式会社オフィス高岩
Tracklist:
1. Main Titles / Song For Yayoiken
2. Body And Soul
3. 60-PROOF (Theme from the ”30”)
4. Moanin’
5. Stormy Weather
6. Where Or When
7. _Yeah. (Interlude)
8. The Second Star To The Right

参加ミュージシャン:
Daichi Hashizume (JAZZLETTER)
George (MOP of HEAD)
Hirotaka Kougo (ex-THE THROTTLE)
Tsukasa Sumigaki (SANABAGUN.)

*TAKAIWORLDより先行リリース
※2021年秋、レコード発売予定

■ TAKAIWORLD(https://takaiworld.buyshop.jp/)

■ OFFICE TAKAIWA(https://office-takaiwa.co.jp/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着