加藤ミリヤ、3年ぶり11枚目のオリジ
ナルアルバム『WHO LOVES ME』が発売
決定

加藤ミリヤの11枚目のオリジナルアルバム『WHO LOVES ME』が10月13日に発売することが決定した。
アルバムタイトルとなっている「WHO LOVES ME」はその名の通り、自分のことを愛してくれる人は居るのか、自分は今の自分を愛することができているか、そんなメッセージが込められている。時代と共に成長した加藤ミリヤが伝える「愛」を様々カタチで表現した今回のアルバムの仕様は初回盤と通常版の2形態。
初回盤には今年の6月20日に東京ドームシティホールで開催した生誕ライブMILIYAH BIRTHDAY BASH LIVE 2021の一部が収録されたDVD、そして全40Pのアートブックが付属されている。アートブックには加藤ミリヤらしいクール&ビューティな写真はもちろん、新たに今までとは違った表現方法にも挑戦した写真も多数掲載される予定だ。更に、デビュー当時から今の心情を描いたエッセイも掲載されており、様々な顔の加藤ミリヤを堪能できる内容になっている。
10月1日公開の映画『僕と彼女とラリーと』の主題歌「JOYRIDE」やアニメ『ましろのおと』のエンディング主題歌「この夢が醒めるまで feat.吉田兄弟」をはじめ収録楽曲数は12曲。全貌は後日発表だが、半数がアルバム用に書き下ろされた未発表の楽曲になっている。さらに、発売に向けて様々なサプライズもいくつ計画中とのこと。
加藤ミリヤコメント
3年ぶりのオリジナルアルバム。
曲作り、アートワーク、すべての制作時間が至福で尊かったです。
この3年の間に母になり、私の人生に大きな変化がありました。
強くなったひとりの女性の心を映し出した作品になったと思います。
“WHO LOVES ME”と我に問いかけてあなたは何を思うのか。
みなさんに届きますように。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着