カーネーション、4年2ヶ月ぶりのアル
バム『Turntable Overture』を日本ク
ラウン PANAMよりリリース

カーネーションが、2017年にリリースした『Suburban Baroque』以来、4年2ヶ月ぶりとなる通算18枚目のオリジナルアルバム『Turntable Overture』(読み:ターンテーブル・オーヴァーチュア)を11月17日にリリースすることが決定した
2017年『Suburban Baroque』、2018年の結成35周年記念ベスト盤『The Very Best of CARNATION “LONG TIME TRAVELLER”』を経て制作された今作では、高い支持を受け続けるオリジナリティー溢れるカーネーションサウンドをベースに、普遍的なポップ感と幅広いジャンル感を更に高い次元へ昇華させた全11曲を収録。
既にライブで演奏されているファンに馴染みの楽曲では、早くもアルバムへの期待感を高めており、直枝政広のソングライティングも新境地を垣間見せているという。参加ミュージシャンは近年カーネーションのライブ演奏を支える張替智広、松江潤、伊藤隆博、岡本啓佑ほか、INO hidefumi、佐藤優介(カメラ=万年筆)、シマダボーイらが花を添えている。
初回限定盤、通常盤の2タイプでリリースとなり、共に恒例となっている収録曲全曲のInstrumentalを収録したCD2枚仕様となる。更に初回限定盤は、今年2月3日に渋谷クラブクアトロで開催したカーネーションのトリオツアー『CARNATION TRIO tour 2021“Three Naughty Villains”』の模様、全12曲収録のDVDが付属する。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着